ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/09/16(土)
ちょっと家を離れていたら色々な話が出てきましたね。

まずは引退発表の話

北海道日本ハムファイターズの 飯山裕志選手が本日9月15日(金)、札幌市豊平区の球団事務所で記者会見を開き、今シーズン限りでの引退を表明しました。なお引退セレモニーは10月3日(火)のオリックス・バファローズ戦(札幌ドーム)にて実施を予定しております。

飯山裕志選手引退のお知らせ(球団公式


飯山選手は、れいめい高(鹿児島)からドラフト4位で1998年に日本ハムファイターズに入団。ファイターズ一筋で20年となる今シーズン限りで、ユニホームを脱ぐ決意を固めました。最大の特長である堅実な守備力を武器に、北海道へ本拠地を移転した2004年以降のチームの躍進を支えてきた1人です。この日の会見では「飯山裕志は今シーズンをもって引退させていただきます。今は『やめるんだな』という気持ちです。正直、年数を重ねて毎年のように(引退は)考えていました」と胸の内を明かしました。

入団からファームで地道にレベルアップを図り、2001年に1軍初出場。初の開幕1軍切符をつかんだ2005年に42試合出場を果たして頭角を現すと、翌2006年から1軍に定着しました。内野全ポジションを務めることができる稀有な持ち味を生かし、歴代の指揮官から重用されました。「ファインプレーはしたことがないです。普通のゴロをさばいてきただけです。守備は10割を目指せるものなので」。その美学の下で、主に要所で投入される守備固めで、ほか代走などで貴重な戦力として機能しました。2007年に自身シーズン最多105試合出場を果たすなど、2006年の44年ぶりの日本一、2007年に球団史上初のパ・リーグ連覇を語る上で、欠かせない1人でした。


ファンの脳裏に刻まれる鮮烈な活躍もしました。2010年にプロ初本塁打をマーク。プロ入りから13年目での初本塁打は、野手では史上2番目に遅い記録でした。今後については「今、1つの夢が叶って、消えてしまったところ。もう少し時間をかけて考えていきたい」と肩の荷を下ろしました。2012年の日本シリーズ第4戦ではサヨナラ安打を放つなど、いぶし銀の勝負強さを発揮しました。ファンの方々へ、感謝の思いを伝えました。「本当にヘタクソで、非力で、不器用な選手を応援して下さってありがとうございました」。記憶にも記録にも残るオンリーワンの名バイプレーヤーとして、現役生活を完全燃焼しました。



先日の戦力外予想で一番に上げただけに驚きはないのですが、記者会見の様子を見ると、複雑な気持ちになりますね。

飯山の実績を一言で言うと

「レギュラーになれなかったが20年間プロの世界で生き抜いた」

それって記録があるわけじゃないから数字で出せないんですが、こんな選手他にそうそういないってことは理解してくれると思います。他球団で似た選手といえば昨年引退した巨人の走塁のスペシャリスト・鈴木ですかね。

しかも飯山は守備固めが主と本当に陽の当たらないポジションでしっかりとヒルマン、梨田、栗山と3監督の信頼を勝ち取り、守り抜いたこと。それってすごいことですよね。さらにすごいのがそのポジションの選手をファンがそれをしっかり理解して多くのファンが応援し続けること。どの球団にもバイプレーヤーがいるんですが、ここまでファンの人気を勝ちとる選手はそうは居なかったと思います。

プレーとしては堅実な守備もそうですが、僕が好きなのはやっぱり送球までのスピード。飯山の高い壁であり続けたマックが強肩を武器にしていたのに対し、飯山は捕ってからのスピードの速さで併殺をとる。あの速さは球場でこそ感じて欲しいプレーでしたね。

引退セレモニーやるのかなと思ってましたが、10/3にやってくれるそうです。いつもどおり守備固めから試合に入るのか、それともスタメンで登場なのか、どうなりますかね。


今日、ホークスがリーグ優勝を決めました。おめでとうございます。

まあ1年で随分差がつきましたね。この差を埋めるのは早々簡単ではないでしょう。一軍、ファームともに質量の充実、それを支えるファームの設備の充実。競争に勝ち抜かないと試合に出られない、しかもその競争がどこよりも過酷だから一軍の質も必然と高くなる。ファイターズも育成が売りですが、試合に出ることに関しては体ができていれば、在籍年数の若い準に試合に出られる状況ですから、ハングリー面ではかなわない感じがしています。このチームに勝つには育成スピードを今まで以上に早める、競争に勝ち抜いて試合に始めて出られるようになる。そういうふうにしないと厳しいのかなとも感じます。

大谷の周りが騒がしくなってきましたね。本人は何も言っていないのですが(シーズン中に言うわけないのですが)、メジャー移籍濃厚という報道が出ています。本人の口から何も言っていないことに救いを求めたくなるのは気持ちはすご~くわかるのですが、登板日にあれだけメジャーのスカウトが揃う、それが全てを語っていると思います。

球団側からメジャーに登板日を伝えていなければ、あそこまで揃わないですし、アメリカからGMがわざわざ来たチームもありましたら、間違いないでしょう。球団側がそう仕向けたと捉える向きもあるのですが、大谷本人の意向は確認してのことだと思います。メジャー移籍になるとTVでチェックする機会も減ってきますが、もともとそういう意向の選手ですから、覚悟はしておいたほうがいいでしょうね。正直、今の状態でどこまでやれるかは心配ではあるんですけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


2017/09/13(水)
正式の発表はありませんが、ヒサシが退団の運びとなるようです。前回のエントリーで退団予想に上げていたのでこのニュースは驚きはなく、その時がついに来てしまったか・・・。という印象です。しかし、現役続行を選び、他球団でのプレーの可能性を模索していくとのこと。ファイターズで終わって欲しい選手でしたが、本人の希望がそうであるならば、ファンの一人としては尊重するしかありませんね。今季最終観戦はヒサシの引退試合にするつもりでしたが、セレモニーはさすがにないですからね、直接お別れを言えないのは残念です。

昨年の試合で勝手にコレが見納めかと決めてみた試合があったので、それを僕の中でも退団セレモニーにしておきます。

思えばヒサシを見続けてきたという感じがします。正直クローザーやセットアップのファンと言うのは非常につらいもので、抑えて当然、打たれるとこれでもかと叩かれる、こんなに割の合わないポジションは他にないでしょう。僕もそんな立場の仕事をしていたので、勝手に感情移入していました。まあヒサシが叩かれると悔しいこと、悔しいこと。

でもそんな仕事を抑えても、打たれても表情替えずに黙々とこなしてくれる、そこにプロのリリーバーの姿を見ることができました。


来季はどこかのユニフォームを着ることができることは強く願いますし、そして札幌ドームのマウンドにどこかのユニフォームを着て立っている姿を見られることを待っています。

覚悟はしていたけど一番思い入れのある選手がファイターズを去る。20年ほど前にそんなことがあり、その後ファイターズと距離を取ったことがありました。今年のフロントのやり方にはチームのスクラップ&ビルドとはいえ、ちょっとドライすぎる印象がありますので、これをきっかけに僕も距離をとるようになってしまうのかなと感じています。

自分の中でファイターズの見方が変わってくるきっかけになる年になるのかなあ。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください







2017/09/07(木)
今年もこの季節がやってきてしまいました。毎年恒例となっています、戦力外予想。新しい人も来ますが去りゆく人もいる。今季はシーズン途中でトレード大乱発しましたが、日本人選手に限ると2人の入れ替えのみ。ドラフト指名が8名程度ですから、退団者は6名、FA退団も2名ほど出るとみて、今回は6人に絞って予想をしてみたいと思います。好きな選手が含まれているので複雑です・・・。ちなみに戦力外としていますが自己都合退団も含んでいます。


飯山裕志

今季退団は既定路線なのかなとみています。今思い返すと不思議な昨年の残留会見。これは球団側から来季は出番は減るけどこのまま残ります?みたいなことを提案されていたような気がします。それをカモフラージュするための残留会見だったのではと思います。今季は中島の故障、賢介は守れない、石井も壁にぶち当たる。ベテランに頼ろうと思えば頼れた場面はあったのにたyいらなかったのは飯山抜きの体制をシュミレートしていたのではと思います。結果はどうあれ、それをやりきったと判断した可能性はあります。9月になって抹消されたので退団もしくは引退路線なのかなと思います。

石井裕也

ベイスターズから移籍、長らく貴重な左腕としてファイターズのブルペンを支えてきましたが公文などの台頭もあり、そろそろのあのかなと思います。フルシーズン働かない、左に弱いという寸評もありましたが、間違いなく功労者の一人。ここまでの活躍をたたえてあげたい選手であります。

武田久

開幕一軍を果たしましたが5月に抹消され、それっきり。さすがに戦力としては考えてはいないでしょう。若手切り替え路線が顕著になってきたまま、ヒサシは残すことができるのか。判断は本人に委ねる選手だと思いますが、今季はそういう判断になってしまうのかなと思います。

瀬川準郎

道産子のオールドルーキーもどんどん存在感がなくなってきています。サイド転向も試し、生き残りを図りましたが結果は残せていないですから、厳しいオフになりそうです。

新垣勇人

昨年のファンフェスMVPも本業では今季は目立ちませんでした。一度昇格はあったのですが、正直あまりチャンスが与えられてません。若い子がスキなチームですから立ち位置が難しいんですよね。こういうムードメーカーは重宝したいのですが、ムードメーカーの扱いはこのチーム、本当にドライですからね・・。

矢野謙次

正直他の選手と迷いましたが、飯山同様、妙な残留発表がオフにあったところをみると微妙な立ち位置なのかもしれないです。昨日現在で40打席以上たっているので十分戦力としてみられていた選手ですが、若手活用月間になった今月に再度の抹消、代打の切り札として存在感はあるのですが、守れないところがやはりネックになりそうな気がします。


こう考えるとベテランばかりになってしまいました。来季は随分若返りそうですが、ベテランが極端に少ないこのチーム、一体誰を手本として成長すればいいんでしょうかね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください





2017/08/31(木)
仕方ないといえば仕方ないんだけど、こういうやり方もあるんだねと感心はしないなあ・・・。

ルイス・メンドーサ投手トレードのお知らせ


北海道日本ハムファイターズのルイス・メンドーサ投手が本日8月31日(木)、野球協約第13章第119条「選手契約の譲渡(優先順位)」の適用により、阪神タイガースに移籍することが決まりましたので、お知らせいたします。

メンドーサ投手コメント

「4年間プレーする機会を与えてくれたファイターズに心より感謝いたします。栗山監督をはじめ、本当に素晴らしい人たちに囲まれて野球ができたことを幸せに思います。この4年間は私と私の家族にとって、本当にかけがえのない時間になりました。北海道は永遠に私の第二の故郷です。昨年の日本一は私の野球人生の中で最高の思い出です。一生忘れることはできません。本当は現役引退までファイターズの一員としてプレーしたかったのですが、今季は自分が思い描いていたような活躍ができずにチームに迷惑をかけてしまい、その夢は叶いませんでした。またいつかみなさんにお会いできることを祈っています。4年間本当にありがとうございました」



今季の内容では、まあ今季限りだろうなとはみてはいましたが、シーズン途中でのリリースという形、タイガースが必要としてくれていたのでこういう形になったのでしょう。

ずっといたかったというなら、もうちょっと頑張ってくれよ!と言いたいんですが、まずは4年間ありがとうございます。いろいろリバース王やらキングリバースやら随分いじらせてもらいましたが、実は愛着はあまりなかったりはしています。まあそれでも、イニングを投げてくれるという仕事、実はこの4年で故障での離脱は1度もなかったと思います。それってすごいことなんですよね。もうちょっと試合をつくるということに力をいれてくれれば、僕の見方も少しは違っていたように思います。CSのかかっているチームへの移籍ですから頑張って欲しいです。エスコバーもベイスターズで重宝されていますし、この2人がCSで投げ合うこともあるのかもしれないですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2017/07/31(月)
お久しぶりです。

さすがに今日は書かないといけないですね。


谷元圭介投手トレードのお知らせ(球団公式)

北海道日本ハムファイターズの谷元圭介投手(32)が金銭トレードで中日ドラゴンズへ移籍することが決まりましたので、お知らせします。

谷元投手コメント

「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います。ドラフト前のテストをへてプロの世界へ導いてもらい、ファイターズにお世話になってこれまで苦しい思いも楽しい思いもしてきました。一番の思い出はやはり昨年の日本シリーズで最後のマウンドに上がれたことです。ファイターズに入ったからこそ、今の自分があるのは間違いありません。これからドラゴンズで活躍することが、監督・コーチ、選手、スタッフの皆さんへの恩返しになると思っています。また、ファンの皆さんからいつも温かい声援をいただいて、それが力になりましたし、感謝しかありません。これからも一選手として応援してもらえたらうれしいです。8年半、ありがとうございました」



糸井のトレードも衝撃でしたがあのときは、当時二遊間が弱くレギュラークラスの大引を獲るという明確なビジョンがありました。それに糸井が契約更改でもめていたこともあるので、予感はさすがにないのですが、じっくり考えると考えはわからなくはないのかなと思っていました。

先週のトレードの 杉浦⇔屋宜のケースも正直意図が見えないトレードと感じました。ここで記事をアップしようとは思ったんですが意図が見えず、書くことができませんでした。屋宜もリリーフ組だが一軍の層が厚く出番が無いから現在リリーフ急募中のスワローズに移籍することは本人に悪くないですし杉浦も故障が癒えれば、先発陣としてやれる。スワローズが今季、ファイターズが来季の備えをしたと考えれば、まあありなのかなとは思いました。

しかし、今朝このニュースを知って、このブログを書くまで正直気持ちの整理ができていません。ファイターズというチームを長く応援はしてきましたが

一番納得できないトレード

と感じています。谷元は日本一の際の胴上げ投手。FA権のからみもあり、金銭といってもFAの金銭補償よりは高い額で成立したのでしょうが、功労者をいとも簡単に売りに出す。ドライな経営、メジャースタイルの経営となぜかもてはやされているこの球団の経営ですが、谷元にもたくさんのファンがいる、そのことをフロントはわかっていないのではないのでしょうか。


若手の出番を出すために塩漬けにされるより他球団に移籍したほうが谷元にとってよかったのでは?という意見もあったのですが、普通は谷元らレギュラー陣と若手が競争して勝てば試合に出られるというのが普通なんですよね。若手を出すために力のある選手を使わない。勝つために若手を育成するはずなのに、若手を使うためにベテランを使わない、論理がおかしくなっているんですよね。

谷元のような経験のあるベテランは若手の育成に十分な経験を学ぶことができる存在なんですよね。若手を育てるのは試合に出すだけが方法ではない、先輩の背中を見ることが育成に結構大事なはずなんですが、そこがこのチームには欠けているような気がしてなりません。今の野手陣はその悪い面がもろに出ているような気がします。

谷元自身にしては子供の頃ファンだったチームでプレーすることができると考えればよかったのかもしれません。ファイターズフロントに後悔させるほどの活躍をドラゴンズでして欲しいです。

このトレードで球団に不信感を感じているファンも多いかもしれません。目先のお金を得るために大事なファンを失うほうが球団にとってマイナスのような気がします。これが終わりの始まりにならなければいいですけどね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド