ごあいさつ

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/01/04(水)
あけましておめでとうございます。

今年も当ブログをよろしくお願いします。 

さて年末の挨拶は長々と書いてしまいましたのでこちらは手短に済ませたいと思います。

年も明け新しいシーズンも始まります。日本一の余韻に浸ってられるのもそろそろおしまいのようです。2017年はどんなシーズンになるのか。ここでファイターズファン的2017年の流行語を予想します。

「まさか、こんなはずでは・・・」(笑)


去年は出来過ぎ、だけどどうしても前年のいい状態と比較してしまいますよね。それでこの言葉を発することが多くなりそうな気もします。まだまだ発展途上のチームですし、前年と比べて成績が落ちる選手もでてくるでしょう。

僕自身はフロントも連覇を是が非でも狙う態勢ではないですし、そんなに過大な期待を持たないで見守っていけたらなと思います。そのほうが気楽ですし、普通にやればそれなりには戦えると思っています。

緩くファイターズを見守ってゆく当ブログを今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2016/12/28(水)
本年も当ブログ「ハムかつサンドはたべものです」をご愛顧ありがとうございました。

ファイターズの日本一。このブログを始めて3度めのリーグ優勝、日本シリーズ進出でしたがついに日本一に立つことができました。ブログ書いているうちは一度は日本一の事書きたいなあと思っていたので8度目のシーズンでの達成、嬉しいと思いきやホッとしたなあというのが正直な感想です。

順位予想でもそうだったのですが正直今季の期待は低かったです。若手の伸び悩み、そしてリリーフ陣の整備不足でしたからAクラスに入れば御の字と見ていました。そして11.5ゲーム差、さすがにひっくり返すことは少しも思いませんでしたが、あの15連勝から優勝を意識し始めました。

優勝を意識すると今度は上とは中々差が詰まらない、それが苦しみの始まりでした。今度はここまできて優勝できないと・・・という妙なプレッシャーの戦い。そしてCSでは優勝チームに襲いかかる勝って当たり前のような義務感のようなプレッシャー。日本シリーズに進むと連敗スタートでパ・リーグ代表として恥ずかしい戦いはできないという意味でのプレッシャー。戦っている選手は僕らが感じている数十倍のプレッシャーを感じているはずなんですが、見ている方も本当に疲れました。だから優勝して歓喜という言葉よりも解放されたという言葉のほうが僕にとってはふさわしかったのかもしれません。

思い起こすと優勝した瞬間ってホッとしているときのほうが多いのかもしれません。違った感情をだしたのが10年前の日本シリーズ、あれは号泣でした。まさかのサヨナラでしたから感情をコントロールできませんでした。今でも思い出すだけで涙を流すことができそうです(←何の自慢だ)

この4年間ほっとするようなこともなかったのですから、それは幸せなことです。優勝争いをすること、そして最後まで戦えること、それは本当に野球が好きなものにとって幸せなことなんですよね。

ホッとしたのもほんの僅か、来季に向けて着々と準備が始まっていますし、僕も来季の心配をしています。(←そこは期待だろ)
春になると日ごとに一喜一憂する日々が続く、苦しいかもしれませんがその日々を味わえることを大事にしていきたいなと思います。

長くなりましたが今季も読んでいただきりがとうございました。少し早いのですが今日で僕個人も仕事納めだったのでブログも今年はこれで最後の更新とさせていただきます。ここ2年間夏場に順位がほぼ確定する状態だったので更新が途絶えたときもあったのですが、今季は完走できました。今年はコメントを本当にたくさんいただきました。そのコメントがあったから完走出来たと思います。本当にありがとうございます。もちろんファイターズの選手、関係者の方々にも感謝です。

来季は1月4日以降再開予定です。ゆるトークもまだ続きますのでこちらもよろしくお願いします。それでは残り少ない2016年ですが元気にお過ごしください。


管理人 ハムかつサンド

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


2016/01/04(月)
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨日札幌に帰ってきましたが暖かくてびっくりぽんでした。実家のある横浜も例年以上の暖かさでしたが北海道もそうだったのかと感じました。おかげで道がツルツルで夏靴ででかけていたので家にたどりつくまでが恐怖でした。何とか無事につきましたが。

今年2月でこのブログもなんと8年目を迎えます。といっても何か特別なことをやることはないのですがまあ変わらずマイペースで書いていければと思っています。最近シーズン後半で順位がほぼ確定するようなシーズンが続いているせいか息切れをしてしまっているのですがそんなときこそメンタルリセット(By Gackt)して書いていければと思います

ミスをして負けるときもあるでしょうがそのときは「怒りではなく悲しみ」の精神で受け止めていければいいですね。

箱根駅伝の青学のように独走できればメンタルリセットする必要もないのですがそうはさすがにいかないですからね・・。まあ長い目で見ていくのは今季も同じですね。

正月のTV番組ネタを絡めて描いてみましたが今季も当ブログをよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

2015/12/30(水)
ちょっと早いのですが今年最後の更新ということで年末のご挨拶を。と去年はやっていなかったのねとさっき気づきました。(^^;)

新年のあいさつを見てみたのですが「近藤のエプロン姿が似合っている」というなんだか今見ると何書いているんだろうと思いますが来季はプロテクターの似合う選手になれるよう頑張ってほしいなと思います。(←すごいまとめかた)

さて、今年は勝負の年でした、が見事に散りました。相手が強かったから仕方ないといえばそれまでですが少なくともプロである以上やはりどんなに相手が強くてもその相手に勝たなければ喜びが味わえないのは事実。何が足りなかったのでしょうか?

シーズン前の順位予想で初めて願望でファイターズを優勝に予想しました。順位予想は冷静にやりたいほうなのでむしろファイターズはからめに毎年予想しているのですが今年に限って言えば若手の成長に期待し、予想しました。

確かに若手は確実に成長しています。近藤は軸がぶれないフォームに結果がついてきましたし、卓ちゃんは想像以上にショートをしっかりと守ってくれました。大谷もエースになってほしいと期待に応え、3部門制覇ですから育成としてはしっかりと結果を残しています。

ではなぜだめだったのか?やはり監督がチームの中心に添えていた中田、ダイカンがその期待に応えることができなかったことが大きかったと思います。ダイカンはチームで禁止のヘッドスライディングで長期離脱と中心選手の自覚が足りないと言わざる得ないですし、中田も30HR100打点ですから数字上では合格点は挙げられるのですがシーズン中安定して働けたかというと少し疑問が残るシーズンでした。どんなに打てなくても堂々とベンチに帰ってくる姿を見せてほしい、それだけでもチームの影響も悪くならないし相手にも恐怖を与えることができるのでは?と思います。

と最後に愚痴を書いてしまいましたが2015年も当ブログ「ハムかつサンドはたべものです」を読んでいただきありがとうございました。残りわずかですがよいお年をお過ごしください。来年は皆様にとってそしてファイターズにとってもいい年になりますように。

管理人  ハムかつサンド

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

2015/01/01(木)
あけましておめでとうございます


さてさて今季のファイターズはどうなるんでしょうか? CSで大きく期待を持たせて2人のFA退団で心配になり賢介の復帰でまた期待をもたせてくれる、今までのシーズンオフが流れですが今後はどうなるか?

補償も金銭になりましたし、今オフ行われていないトレードがキャンプまでにあるような気がします。なんせトレード1件ノルマを課せられているかのように年に一度はありますからね、このチーム(汗)

GMが交替したことで現状の戦力把握に目いっぱいでそれどころじゃないかもしれませんがやはり使える内野手が1人ほしいなあと思います。

よそのチームの動きもありますので戦力的な比較はまだまだできていないのですが今季は勝負の年であることは間違いないでしょう。監督も金ちゃん寿司でそういっていましたね。

さて最近ご無沙汰だったファイターズ関連番組ですが年末特番をチェックしました。稲葉、マックに焦点を合わすのは仕方ないでしょうが2番組で近藤と中島が料理を作っていたのはどうなんでしょうね。各TV局も選手の個性を把握できていないのかなと思います。それにしても近藤の料理の腕は見事でしたし、エプロン姿が様になっていました。これで引退後も安心ですね(←コラ!)

この期待がシーズン最後まで持ち続けられるそんなシーズンになってくれればと思います。今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド