ハムかつオピニオン

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/01/15(日)
新人合同自主トレも始まり、いよいよキャンプイン間近!!

そろそろ2012年シーズンも始動しますが、ちょっと早いですが開幕ベンチ入りメンバー大妄想をやってみたいと思います。

で今年はテキサスに行くかわからない方と浪人する方が去就不明なので、この2人はいないものと考えて組んでみたいと思います。

あと実際の開幕ベンチ入りは先発組がロースターから漏れてボーダーラインの選手を入れてシーズン中に振り分けるのが通常ですが、ここは戦力ということを考えて序盤一軍で戦力として計算される選手、その視点で組んでみたいと思います。


なお予想ではなく妄想なのでご注意を!!



投手12名

【先発】
武田勝
ケッペル
ウルフ
斎藤佑
榊原
中村勝
【中継】
森内
谷元
石井
【セットアップ】
宮西
武田久
【クローザー】
増井



クローザーとしてのタイプとしては増井の方が適任かなと思います。安定感は別ですが。ヒサシが難しい勝負処の回をしっかり抑えてくれれば増井の9回の負担も軽くなるしいいのではと思います。個人的はセットアップ重視の考えなのでこのオーダーです。

榊原を先発にしてみました。ルーキーのときは先発もやっていましたし、そろそろ戻してもいいのではと思います。実は攝津の先発転向を見て、榊原も制球重視のスタイルなので6イニングくらいなら今ならいけるのではと考え、先発5番手に充ててみました。

続いて野手です。


野手16名

【スタメン】
9 陽
4 田中賢
8 糸井
7 中田
D スレッジ
5 小谷野
3 稲葉
2 大野
6 金子誠

【ベンチ】
鶴岡(捕手)
二岡(代打)
飯山(内野守備固め)
今浪(ショート控え)
紺田(外野守備固め・代走)
鵜久森(代打2番手)
杉谷(内外野ユーティリティ・代走)



スタメンの9人はすんなり決まりましたが上位の打順の並びは悩みました。糸井の3番は機能するか、陽の2番はどうなのか。底を考慮して自由に打てるトップに陽 、2番のイメージが持てない糸井には3番、そしてどこでも打てる賢介を2番にしてみました。

こう並べるとそれほど悪くないと思いますがスレッジ、小谷野、稲葉がどれだけやってくれるのかによって貧打になるかそれとも強力打線になるのか分かれそうです。

ベンチ入りメンバーの選考基準は表のとおり。紺田と村田の入れ替え、代打の左右のバランスを考えるとホフパワーが鵜久森に代わって入ることは考えられそうです。


どうしても梨田政権の考え方で作ってしまいましたが栗山政権ではどこまで変わってくるのか。それを考えると楽しみですね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2011/05/30(月)
コメントでお立ち台のことがハナシに出ましたのでちょっと思いついたことを書いてみます。


試合が終わると今日のヒーローが何人か呼ばれてインタビューされるお立ち台。

そこでその選手の人柄なんかがわかって非常におもしろい。

真顔でギャグを連発する人や一生懸命ウケを取りにいくもスベリまくる人などがいたりして、選手も当然ながらいろんなキャラの方がいらっしゃいます。


ということで昨日の試合のお立ち台のおはなし。

マサルさんが無援護地獄からようやく脱出し、久々の勝利を飾りました。そのマサルはもちろん、唯一の得点を挙げた今浪も呼ばれます。


ところが昨日のお立ち台ってどうでした?

私としては・・・・残念でしたね。

今浪のスベリキャラ確立は別にしてあのトークの神様マサルさんの持ち味を全く生かすことができていない。

「胃が痛いです」と毒を吐いても、「お久しぶりです」と自虐をかましてもそこにからもうとしないインタビュアー。

道内のテレビ局ならマサルのキャラは把握しとるよね。(怒)

結局はインタビュアーが「マサル涙のお立ち台」というドラマを勝手に作ってそれを演出しようとしたから起きたイマイチさと思います。

やっぱりインタビューはインタビュアーが勝手に筋立てしてはいけない。

話し手の個性、気持ちを受け止めないといいインタビューは生まれません。

マサルのお立ち台っていうと、みんな「どんなボケかますか」楽しみにしているんだから。

「マサルの涙」なんて期待している人はあまりいないと思うし。

キー局のインタビュアーならまだしも地元局なんだから、そこはしっかりとやってほしいな。

日テレ風にお涙頂戴路線にいかずにここだけでも独自にいってほしいなSTVさん。

キー局のマネしないで地方局しかできないことをやってほしいなと思います。

ぞっこんなんだから、もっとチームにほれ込んでほしいなと思った昨日のお立ち台をTVで見たハムカツさんの感想でした。(←TVかよ!)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2010/10/06(水)
元横浜市民の立場としてこの記事は見過ごせなかったのでかみつかせてください。


巨人渡辺会長「東京で半分試合したら…」(日刊スポーツ)

巨人首脳が5日、住生活グループの球界参入を容認した。都内で取材に応じた滝鼻卓雄オーナー(71)が「特に、プロ野球の筆頭株主になることに問題があるとは思わない」と明言した。

 同オーナーは、オーナー会議の議長を務めるが「選手のことを考えると、協約通りやってほしい。11月9日の実行委員会、18日のオーナー会議にはかけてほしい」と、野球協約に従い11月末までに株主変更が終わるよう求めた。移転については「横浜という球団名がつくなら横浜でしょう」と否定的。「方向としては、報道されている方向に行く可能性が非常に高いと思う」と推測した。

 同席していた渡辺恒雄球団会長(84)は「球場があまりにもひどいから」と、あらためて横浜球団と横浜スタジアムの契約問題に触れた。「半分以下ならよそでやっていい。神奈川県に勤務している人(都民)だって、だいぶいる。東京で半分ぐらい試合したらどうかと言っている」と私案を口にした。




ふざけんな!


最初は新潟を準フランチャイズなんていってましたよね?

それが今度は東京で半分ですか?

現在のプロ野球って地域密着が主流でそれができないチームが取り残される時代ですよ。

もし、新潟を将来的に本拠地にする流れなら、まだ涙を飲んでもいいですよ。

それがベイスターズの生き残る道であるならば。


神奈川で勤務している東京都民のために東京開催ですか。

神奈川で勤務している人で会社帰りに見るならハマスタのほうがずっと楽ですよ。

その人はもし東京開催になっても、球場によらず、きっとそのまま家に帰りますよ!

東京と横浜は電車で1時間足らずの距離、遠方のファンのために地方開催するのとはわけが違います。

もし、こうなったらベイスターズのアイデンティティがなくなります。そうすれば、将来的に球団価値がなくなり球団統合を仕掛け1リーグ化でもたくらんでいるんでしょうか。

飛躍しているかもしれませんが、なにせパリーグをつぶそうとした人物なのでそうも考えたくもなります。


確かに使用料の問題が今回の背景になっています。

しかし、なんとか交渉の余地はあったんじゃないかと思います。

使用料下げないとハマスタ出てっちゃうよー。といって反対に球団側からスタジアム側に圧力掛けることができたと思うのですが。

親会社がTBSに変わった時にできたような気もしますが。


この問題に対して一番腹ただしいのは、野球界から退場された方がのうのうと他球団のことに口出ししていることです。

栄養費問題で退場したはずなのにねえ。聞くマスコミも問題ですわ。

この流れでは親会社が変わっても来年の本拠地は変わらないと思うのですが、TBSは最後の最後まで球団経営に誠意を感じさせないまま退場していくことになりそうですね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

2010/07/26(月)
どうも、お久しぶりです。

オールスターブレイクはいかがお過ごしでしたか?

去年は札幌開催ということもあってオールスターの記事をUPしたのですが今年はやめました。

このブログでは試合の流れとかを中心に書くことが多いのですが、まあ試合の流れもへったくれのないオールスターでそこを指摘しても無駄なので今回は遠慮しました。

といっても試合はチラチラ観ていましたが、パリーグは1敗1分けと勝利ならず。

この2試合の経過がなぜか今年のファイターズとそっくりだったのは気のせいでしょうか。

貧打で敗退の第1戦、リリーフが打たれての引き分けの第2戦。

監督がファイターズを率いている方と同じなわけなのですが、オールスターでもチーム状況は似通ってしまうのでしょうか?

まあ、梨田さんったら!

ということでここは流しておきます、というかオールスターの監督で采配の是非は問われるはずもないのですが(^^)


ところで中継をみて思ったのですが、某解説者が変化球を投げて打たれた投手に対し、まっすぐで勝負すれば後悔しないのにといっていました。

ピッチャー大好き人間としてはちょっとカチンときました。

今のオールスターの真っ向勝負は勘違いしているようです。なんでもまっすぐ投げればいいと。

しかし、変化球投手はどうなのか?たとえばマサルがオールスターに出たらマサルのまっすぐ一辺倒のピッチングをどれだけ見たいのか?というか自殺行為ですよね、それ。

ピッチャーには自分のピッチングをしてほしいですよね。まあ、過度なインコース攻めは禁止ですがそれ以外は変な暗黙のルールはやめてほしいです。

実際には藤川球児くらいでしょう。まっすぐのみで抑え込めるのは。



ファイターズの選手も今年はじみ~に終わりました。

ジャイロカッターを投げたダルは話題沸騰だったのですが、ほかの野手陣は・・・・ねえ・・・(汗)

先制タイムリーの稲葉も同点に追いつかれすっかり影が薄くなり、糸井の強肩もアピールは出来たのですが2回ともセーフ、どちらか刺してたらアピールは大きかったのかなあと思います。

小谷野、二岡、賢介はノーヒット。賢介に至っては出番がほとんどなし。

賢介は一応ファン投票みたいなものなんだからもっとだしても良かったとは思います。


さて、お祭りは終わり、いよいよ明日からペナントレース再開です。

ゲーム差は6ですが順位は4位。

首位を狙うのなら、3チームを追いこさなければいけないわけで、なかなか大変です。

たとえば2位で6ゲームなら首位のチームにターゲットをしぼった戦いをできるのですが、今はそのような戦いはできません。

とにかく勝ち試合は確実に獲る!!そう戦わないと苦しいと思います。

では、勝ち試合を拾うにはどうするか?といえばやはりリリーフ陣がカギになります。

なかでもキーマンは武田久。

ヒサシがクローザーを外れたときにはシーズン終了だと思います。

宮西をクローザーにといわれる方が非常に多いのですが、この時期で崩すことは危険かと思っています。

7,8回を宮西、建山で機能しているものをわざわざ崩すことはリリーフ陣の崩壊につながります。

もし、替えるとすれば8回までリードしているゲームをつくれるものを7,8回で逆転されるケースが多くんるという危険性があります。

試合の流れをつくるのはクローザーよりセットアップと思っているのでそこにいい投手を置いておきたいので今のカタチがベストと思っています。

ヒサシがダメな場合はウルフ、菊地がクローザー候補としてあがるのですが、正直不安が大きいですね。


終盤で逆転されるとほとんど反撃できないで終わるのが今の攻撃陣なので、一にも二にもリリーフ陣の頑張りが勝てる試合を落とさないかが今後のキーになっていくでしょう。

さ、勝負の夏場の始まり、いいゲームを期待しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
よかったと思いましたら1クリックお願いします
2010/07/22(木)
さて、前半戦も終了しました。

ファイターズはなんと前半戦を勝率5割を超えて折り返しを迎えるというちょっと前までは信じられない展開になりました。

いったいどうしちゃったんでしょうね(^^)


今日はチームの躍進は置いといて(笑)今季のテーマで育成について改めて書いてみます。

このテーマでは4月19日の記事で書いていますが、そのときとは若干事情が変わってきたのでまた書こうと思います。


最近の試合、若手選手の活躍が目立ちつつあります。

野手では20日の試合で初HRを打った中田、2番で粘りのバッティングを見せている村田、そして前年とは見違える守備で信二、二岡の穴を埋めている陽岱鋼。

投手では惜しくも故障中ですが久々の速球派の増井、そして緊急登板男の異名を持つ榊原、矢貫も先発で勝利をおさめました。

ロッテの荻野、西武の坂田、そしてオリックスのT-岡田のような派手な活躍をしている選手は少ないのですが、地味に働いている選手が結構多くなっています。


活躍の原因としてはもちろん本人の鍛錬、研究はもちろんですが、チームの躍進が大きく左右していると思います。

主力がけが人で離脱しているのは4月もそして今も一緒なんですが、4月は起用した若手がことごとく沈没していたのに対し、今は少しずつながら働きが目立っている。

この違いは主力選手が元気かどうかなんです。


チームがしっかりしないと若手もなかなか自分の力を発揮しにくいでしょう。(そのなかで発揮できる人がいたらその人は大物だと思います)

自分の能力を発揮してくれればいいとベンチも送り出しているのですが、主力が機能しないと余計なプレッシャーを背負わせ、萎縮し結果が出せなくなる。

4月はそんな悪循環だったと思います。


ところが、今は残った主力が機能しているため、プレッシャーは軽減されて力を発揮できている、そう思います。


若手を育成するにしてもチームの軸がしっかりしていないと育ちづらいんだということを感じた前半戦になりました。



さて、これからですが、ひちょり、信二もそろそろ戻ってきます。

今は若手を使わざるをえない状況で起用していると思うのですが、復帰後は固定オーダーに戻してしまうことが考えられます。

梨田監督はメンバーを固定して戦いたい指揮官だと思いますからね。

レギュラー以外には相手の左右に固辞して起用する傾向がありますし、「失敗しても俺が責任を持つ」というタイプではないですからね。

なかなかレギュラーをつかむのには大変な状況かと思います。

監督には「チームを競争させ活性化する」その意識をより強く持ってほしいですが、若手も懸命なアピールをしてもらいたいです。


今使われている選手に共通しているところはおとなしいんですよね。そこが監督が抜擢できない理由かな?とも思っています。

前にも書きましたが、グラウンドでもベンチでも元気よく!

鎌ヶ谷にいる背番号61を見習いながら頑張ってほしいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
よかったと思いましたら1クリックお願いします

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド