ファイターズ2011

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/12/16(金)

ベテランたちもそれぞれ思うところがあるオフのようです。

そこで今回は3人のベテランを取り上げます。

来季GWまでに2千安打 稲葉(北海道新聞)

プロ18年目となる来季の契約更改を済ませた稲葉は、残り34本に迫った2千安打に向け「1本1本かみしめながら、来年のゴールデンウイークぐらいまでに達成したい」と目標を立てた。

 今季は主に指名打者として出場。打率2割6分2厘、12本塁打、54打点の成績に「5番打者として失格ですね」。梨田前監督を胴上げ出来なかった悔しさを来季にぶつける考えで「また札幌でパレードしたい」と意気込んだ。

 栗山監督の下、来季も主将に指名される可能性が濃厚。だが、「若い選手の多くは(糸井)嘉男の姿を見ている。そろそろ世代交代しないと」と後継の名を口にした。



そろそろ稲葉主将でなくてもいんじゃないかと思います。個人的な意見としては年齢的に中堅の選手が勤め、それをベテランが陰でサポートする、そんな形でいいと思います。

幸いファイターズには優しいお兄さん(稲葉)、怖いおっさん(笑)(マック)といろいろな先輩リーダーもいます。賢介主将でもいいと思いますがそろそろ糸井に中心選手の自覚を持ってもらおうという稲葉の配慮かと思います。

ハム木田フォーム見直し来季巻き返し(日刊スポーツ)

 

日本ハムのベテラン木田優夫投手(43)が14日、精力的に汗を流した。札幌市内の室内練習場のブルペンで18球を投げ込んだ。前日13日は野球協約の減額制限(年俸1億円以下は25%)を超える1300万円ダウンの1200万円プラス出来高払いで契約を更新。巻き返しを期す来季へ向け、投球フォームを見直しており「今、やっていることを続ければ、今年より良い投手になれると思う」と、手応えを感じていた。



大ベテランでも向上を目指す姿勢は若手のよい手本になってくれるでしょう。何をやっているかはわかりませんが期待していきたいところです。

金子「メラメラした気持ち」(日刊スポーツ)

日本ハム金子誠内野手(36)が13日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1250万円ダウンの年俸9250万円(金額は推定)でサインした。18年目の今季は、出場試合数は昨季の77試合から98試合と増えたが、60安打は06年以降では最低の数字に終わった。球団とは年俸についての話は約3分ほどで終わり、来季へ向けた自身の決意表明をした。「18年終わって、やっぱり俺はショートを守りたいというメラメラした気持ちでやっていきたい」と、熱く語った。



よくこんなベテランにショートを守ってるようじゃと言ってましたがさすがに今季の起用法では尻に火が付きましたか。チームのことを考えるとそろそろ後進に・・といきたいところですが乗り越える壁は高いほうがいいですから、若手の壁になる意味でももう少し踏ん張ってほしいものです。


チームの将来も考えているけど自分たちも簡単に職場は渡さない、そうでなくてはいけないですね。栗山監督の「稲葉、金子、二岡には全試合もらうつもり」と発言したことも影響しているでしょう。

全ての選手が同じスタートライン、今年までが競争が多いとは言えませんでしたので、これで選手層が少しでも厚くなってくれればと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2011/12/08(木)
ダルビッシュ選手のポスティングに関して(球団公式)

北海道日本ハムファイターズはダルビッシュ有選手(25)のポスティング・システム(入札制度)を利用した米国・メジャーリーグ移籍を承認し、本日12月8日(木)、申請手続きを取ったことをお知らせいたします。



このブログでもたびたび記事にさせていただいていましたがついにダルがメジャー挑戦を表明しました。

もちろんまだ正式決定ではないのですが、こうなったからには移籍が決まってほしいものです。

メジャー行っても頑張ってください。


メジャーには興味が持てないのでダルのピッチングを見ることもほとんどなくなりそうですので、今後のダルよりも気になるのはファイターズの来季。

エースがいなくなってどうなるんだ?と思いますが、正直心配していません。確かに痛いことは痛いのですが先発は3枚は計算たつし、斎藤佑も上乗せが期待できます。そうなると永遠の若手吉川や糸数らにチャンスがまわってきます。

今までは先発の谷間という扱いだった彼らはしっかりとチャンスをもらうことはできませんでした。栗山監督がどこまで辛抱強いが未知数ですが、ある程度は我慢して起用してくれる環境にはなります。

使っていけば成長すると思うし、結果を恐れずおっかなびっくり投げることも減るんじゃないかと思っています。

もっとも2006年オフも小笠原、新庄、岡島と抜けましたが、翌年はリーグ優勝しました。先発投手は週に一度の出番ということを考えると影響は野手が抜けることに比べると少ないと思います。

まあ、優勝争いならできるんじゃないと思います。上位チームもかなり戦力ダウンしていますし、チャンスはないとは思っていません。


ダルなんですが正直、アメリカ行きの準備をしてきていたのでしょうか?もし、メジャーに行く気が合あったならウィンターミーティングの前に公表すべきだったと思うし、あまりメジャーの環境に疎いような気がしてなりません。

能力よりもメジャーの野球、環境に適応できるかが成功の可否になっている最近の日本人選手だけに環境に対応できなくてマイナー暮らししているダルはさすがに報道としても聞きたくないです。

行くからにはもう二度とNPBのユニフォームを着ることはない、その覚悟でで行ってほしいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2011/12/07(水)
スレッジ 日本ハム復帰「北海道の皆さまのためにベスト尽くす」(スポニチ)

日本ハムは7日、前横浜のターメル・スレッジ外野手(34)の獲得を発表した。

 2008、09年にプレーした古巣への復帰に「本当にうれしく思っている。来季は北海道の皆さまのために、ベストを尽くしていきます」とコメントした。背番号は10。

 スレッジは日本ハム、横浜での4年間で通算91本塁打を記録。長打力が魅力の左打者について、山田GMは「以前のような活躍でチームに数多くの勝利をもたらしてくれることを期待している」と話した。




どうやら噂は本当だったようです。もちろん真実であってほしいとは思っていましたし、もちろんうれしく思っています。

横浜でも故障に悩んでいるところ、そして年齢を考えると不安もなくはありませんが、実績がある選手なので計算ができる選手が入ってくれるということは大変喜ばしいことです。

ウルフも背番号が17に変更になり投手らしい番号になるという思わぬ副作用もありましたが一番焦るのがホフパワーでしょう。ポジションはかぶりますので、二人の併用はチーム状況も考えると難しいのでどちらかが生き残るという起用になっていきそうです。

紺田といい、スレッジといいファイターズも出戻りブームに乗っています。そうなると次は藤井でしょうか?(←ないない)
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2011/12/01(木)
週刊といいながら不定期発行のストーブファイターズ。今回は契約更改のネタを中心に取り扱います。

中田「1億ですね…フフ」本当は半分…(日刊スポーツ)

 

日本ハム中田翔内野手(22)が28日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸の2・5倍にあたる4500万円(金額は推定)でサインした。契約更改後の記者会見では、納得顔で久々の“中田節”も飛び出した。報道陣に金額を聞かれた中田は「1億円ですね…フフッ」と、やんちゃな笑顔。「何も考えないで言っちゃったけど、最終的にはそれくらい期待される選手になりたいと思いますね」と未来図を描いた



やんちゃなのかはわかりませんが、まあ、うまくまとめたなという感じですね。

1億円といわず2億、3億と期待される選手になってもらわないといけないと思ってるんですが中田クンって結構謙虚なんですね。(笑)


中田のこのボケにライバル意識を燃やしたのが今年春の札幌を真冬に戻したあの男です。

今浪、500万円増も会見ですべりまくり…日本ハム(スポーツ報知)

日本ハムの今浪隆博内野手(27)が29日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円増の1350万円でサイン。今季は、自身最多の84試合に出場し、アップ査定を勝ち取った。会見では、約4年半ぶりに女優復帰したばかりの沢尻エリカ(25)の「別に…」発言を連発。旬な話題にあやかったボケを披露したが、笑いは起こらず、“寒い”オフへ突入した。

 こん身のジョークは、失笑にかき消された。報道陣に金額を問われた今浪は「別に…」と即答。凍てつく空気にもめげずに、次の質問にも同様に繰り返した。だが、本家が見せる仏頂面はどこへやら、表情は半笑い。最後には「(沢尻を)好きじゃないですよ、別に」と言い訳し、「帰っていいですか?」と“ギブアップ”した。

 前日(28日)に更改した中田の「金額? 1億円です」の発言を引き合いに、「昨日、すべっていた奴もいたし」と笑った。だが、肝心の来季の目標を聞かれると「今年以上の成績残して、ステップアップしたい」。一転、真剣なまなざしで言い切った。



報知の写真には札束のクラッカーが不発で苦笑いしている今浪の写真がでているのですが、鳴っても滑っていたでしょう。(笑)

しかし中田のことに触れているけど今浪の滑り方は半端ないでしょう。

これでは中田に「今浪さんにはスベリの面では絶対敵わないッス」と言われているのが目に浮かびます。

今浪には期待していますがこのセンスではお立ち台はちょっと遠慮してもらいましょうか。お立ち台に立たない程度に活躍してほしいです(なんだそりゃ)


最後は一面でデカデカとやりましたが、結局は滑ったあの話題です。

田中賢介 日本ハム残留 メジャー挑戦今オフは断念(スポニチ)

日本ハムの田中賢介内野手(30)が30日、海外FA権を行使せず、チームに残留することを表明した。

 札幌ドームを訪れ、球団側に「(日本ハムに)残ります」と話した。昨年10月に3年契約を締結。ただ大リーグ移籍を希望した場合、球団の許可を得た上で契約解除できる条項が含まれていた。



はい、スポニチさん、お疲れ様でしたwww。

契約条項だけで記事を書いちゃいけませんって!

メジャー希望すれば移籍を認めるという契約をしただけでなぜ1年ですぐ契約解除すると決めつけるのか、わかりません。もし今年行くつもりだったならば複数年契約を結ぶわけもなく、けがで一年棒に振った選手が契約解除してまで海外に行くとは思えません。

もっともスポニチだけだったのでなんも心配してなかったのですが来年の今頃もそのネタ引っ張って使うんだろうなあと思うとちょっと憂鬱ではありますね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2011/11/30(水)
前読売ジャイアンツの紺田選手を獲得(球団公式)

北海道日本ハムファイターズは本日11月30日(水)、前読売ジャイアンツの紺田敏正外野手(31)を獲得しました。札幌市豊平区の球団事務所で契約後、記者会見した紺田選手は2年ぶりの古巣復帰に「帰ってきたな、という気持ち。またここで野球ができることをうれしく思います」と表情を引き締めていました。

20111130_71[1]


昨年オフに交換トレードでジャイアンツに移籍。度々スタメンでも起用されましたが、シーズン途中に右肩を痛めて21試合の出場にとどまりました。島田利正球団代表は「足と守備に関して、うちではまだまだやれると期待しています」と話し、本人も「自分の年齢くらいは走りたい(盗塁したい)と思っています」と意気込みを示しました。

12月5日に右肩関節唇のクリーニング手術を受け、照準を来シーズンの開幕に合わせて調整していく予定。「(今年のファイターズは)外から見ていてあともう1点、というのが多かったと感じています。自分の役割はそういう場面で仕事をすること」と話し、新たにまとう背番号67のユニフォームで持ち味の走力をフルに発揮する覚悟です。




まずはおかえりなさいませとお迎えします。

巨人ではスタメンもありましたがまさかの1年での戦力外通告。いろいろ事情もありますが本人にとっても無念であったことは言うまでもありません。

巨人ではファイターズと違う厳しい競争原理の中でもまれた経験はきっとファイターズでも活かしてくれると思います。

今回の獲得の経緯ですがトレードで放出した選手を自由契約で獲得するという珍しいケース。オビスポが戦力外通告されたこととあわせて、トレードの失敗と球団を糾弾する方もいるようですが、今回のケースは紺田を取り戻したかったということではないと思います。

結局は紺田の替わりが埋まらなかったので同じタイプの選手を探していたら紺田本人がリリースされていたので獲得したという狙いでしょう。

紺田の替わりを期待した村田が球団の期待に応える働きができなかったことが今回の獲得になったと思います。村田としては今年が最大のチャンスだったのですが逃してしまい立場も苦しくなりました。

しかし、紺田も以前ファイターズの在籍していた時とは違い、一年一年が勝負になってくることは重々承知しているはずです。今回の背番号が「67」と前回の番号より大きな番号を与えられたことだけでも感じていることでしょう。

戦力外という地獄を見た紺田、紺田の加入で尻に火が付いた村田、この二人が切磋琢磨してくれて外野手のレベルを上げてくれることを期待しています。

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド