WBC2013

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/03/18(月)
ベスト4で終わってしまいましたね。

個人的な戦前の予想はアメリカまでいけないと思っていたのでそれを考えるとよくやったといえるのかもしれません。

参加も決まらない、監督も決まらない、代表もなかなか決まらないという状況から考えると上出来かの知れないですね。


しかしチームとしてのまとまりはやはり欠けていたんじゃないかと思いますね内川のあの走塁が非難されるでしょうが、走塁に関しての指示があいまいというのが最大の問題点でしょう。

台湾戦の鳥谷の盗塁が称えられましたが、あれはセオリー無視の個人的判断。今回も指示なしですから選手任せといえば言葉はいいですが無責任といっていいレベルです

投手リレーも打たれてから小刻みにつなぎはじめるあわてぶり、試合の流れを全く読めずすべてが後手後手だったように気がします。

能見もアップアップでしたからあの回初めから変えても良かったと思いますし打線のつながりの悪さを考えると一点もやれない場面だったと思うのにのんびりしていましたね。ベンチは・・。

この試合は内川の走塁でジエンドでしたが、5回の稲葉の三振で非常に流れを悪くしたと思います。替わったピッチャーがまったくストライクが入らないのにすべてボール球に手を出して簡単に三振。あれでプエルトリコは行けると思ったんじゃないかと思います。

稲葉がこういう三振をするときってチーム状態が悪い時なんですよね。自分が何とかしなくてはと思い焦ってボールに手を出してしまう。ああ、チーム状態悪いんだねと感じた試合でした。

この試合の差はキャッチャーの差。モリーナのインサイドワークは見事でした。阿部よりこの試合は上でしたね。メジャーのキャッチャーって印象が強くなかったのですがこういうキャッチャーがいると知っただけでも面白い試合でした。

選手たちによくやった、お疲れ様でしたというのはたやすいかもしれませんが、目標達成できなかったのだからその言葉は胸にしまっておくべきだと思います。この悔しさを次の国際大会、いえ目の前のペナントで個々でぶつけてほしいです。

しかし、井端をDH固定で使いつづけたり鳥谷をセカンドで起用したり、リリーフ専門が少なかったりまあ不思議な采配でした。これで勝てるほどWBCは甘くなかったということでしょうね。

P.S明日のもう一試合の準決勝は生中継するようですが決勝は今のところ録画放送、テレ朝何考えてるんだか(怒)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2013/03/09(土)
疲れる試合でしたがまあよく勝ちましたよ、本当に・・。


今回のラッキーボーイ(?)は井端です。もちろん技術の高さは誰もが知るべきですが


あそこで打ちますか?

今日は9回に追いついたことで台湾を完全に追い詰めました。いい投手を惜しみなくつぎ込みリードを守ろうとする相手にリードを許さなかったことで徐々に投手陣の層が出てきました。最後は巨人の二軍投手とエース級が投げあう構図にになりましたからね。仮に10回で決まらなくてもタイブレークまではいかなかったとは思います。


実は8回で逆転できたのではと思います。3連打で1点返して糸井にバントをさせ失敗。そして坂本の同点タイムリーの間で走塁死。勢いづきそうでミスで勢いを削ぐ形でいたので追いついたことはうれしかったけど気持ち悪さが残りしました。

しかもキャッチャー交替、同点に追いつくことで快投のマー君もピッチングが大人しくなり勝ち越しを許しました。ここでの継投は判断が難しいのですがキャッチャー交替の時点でピッチャーも変えても良かったと思います。エースの快投で同点に追いついたのでこの勢いで相手をねじ伏せるという選択だったのでしょうが、そこまで期待できる内容ではなかったのでしょう。こうなるとマー君はリリーフで控えてくれたほうがいいのかもしれないですね。


そして9回の同点劇。鳥谷が2アウトから盗塁。これが井端の同点タイムリーにつながったのですがセオリーとしてはありえない作戦。正直肝を冷やしました。手堅い攻撃しかしないようなベンチがここで大ギャンブルをかませてくるとは、まさか今までがこの作戦の伏線というわけはないでしょうし、破れかぶれ感は否めないですね。まあ短期決戦ですから結果が良ければすべてOKではあるんですが。

慎重という意味では能見の崩れ方はそうでした。阿部が注意喚起に行った時から快調だったペースが崩れ、押し出しをやらす羽目に。コースを狙いすぎ自滅した印象でした。

糸井の8回のバントも球場の雰囲気から考えると押せ押せで強攻でよかったと思います。間違いのない作戦は負けないけれど短期決戦では勝つ作戦が必要なんですよね。多少は攻める采配が今後は大事になってくるんじゃないかなと思います。


ファイターズがらみでは中田が決勝犠牲フライ。正直代表は荷が重いと思いましたがどうしてどうしてなかなか頑張っています。稲葉も復調してきましたし、外の球をレフト前に運ぶヒットも出てきたことが復調のサインだと思います。

今日は敵だったダイカンの送りバント失敗で少し心を痛めたことは内緒です(笑)

次はオランダ。パワーのある相手で東京ドームで対戦するのは少々厄介ですがキューバよりはやりやすいかなと思います。10日で決めないとキューバが待っていそうなのでここでベスト4決めちゃいたいところですね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

2013/03/04(月)
やっぱり先発投手は重要だねと感じた中国戦でした。

相手がどうという話もありますが本来のマエケンに近いピッチングでしたしこれならば今後も期待していいかなと思います。マー君があの状態では先発として考えないといけませんので軸が一人しっかりしているのは何よりです。

中田が先制タイムリーとやってくれました。徐々に調子を上げてくれましたね。やはり立浪コーチの存在が大きいのか、今までも指導すると調子が上がることが多々ありましたので大会後には札幌に連れてきてほしいくらいです。


糸井の走者一掃の2ベースが大きかった。どうしてもチャンスに弱いイメージが抜けきれないのですが去年終盤には勝負強くなっていましたし、これは本物か?敵としてみるとやはり恐ろしい選手ですね。味方だとふがいない場面のほうが印象に強く残るのですが、これから糸井を相手に戦うとなると少々気が重いですね。


稲葉が依然ノーヒット。長野に至っては完全にバッティングが狂っています。守備力を考えると長野の代わりがいないので何とか復調してほしいところ。こう考えると聖澤、大島と外しているのが大きいですね。

キューバ戦は消化試合になりましたので見極めをしたいところ。2次リーグでも当たる相手なので手の内は全部見せなくてもいいですので相手の急所を見つけられたらと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2013/03/03(日)
WBC緒戦は終盤逆転してまず1勝。上位2チーム勝ち抜けの1次リーグですからキューバ以外の2チームには負けてはいけないところでしたのでまずはよかったとのかなと。その2チームではブラジルが要注意でしたのでここをもし負けていたら東京ドームで自国が参加しない国際大会を開催することになってしまうところでした。

もちろん今日の中国も油断はできませんが、今日よりはやりやすいかな?


マー君はやはり公認球になじめていませんね。2回で降ろしたのは短期決戦では仕方ないことでしょう。杉内、摂津と考えられる手としては最上の策でしたがこの2人がリードを守れず逆転されるのは衝撃でした。

3度やられたレジナット、逆転のきっかけをつくった俊足のオルランド、試合を作り直した2番手投手のゴーベアなど面白い選手が多く世界は広いなあと感じました。個人的には最後に投げた大ベテランのノリスがお気に入り。オーソドックスな右オーバーハンドで130キロに満たない技巧派はちょっとNPBでは見られないですね。


当たっているレジナットに一塁空いている場面で勝負して打たれたのはやはり疑問。一つ負けたら大変な状況になる試合ですから目先にこだわってよかったのではと思います。

逆転につながった糸井の送りバント。テレビでは糸井にゲッツーがないから強攻といっていましたが実は糸井はゲッツーが多い打者。俊足の印象がありますがそれ以上に打球が鋭くてゲッツーになることが多いのです。あの場面は最低でも同点の場面を作りたいところだったので大正解です。糸井はバント上手いですからね

故障者がでているとはいえノーヒットの稲葉がなぜ5番だったのか、そして本職セカンドが多い中でなぜ急造で鳥谷にセカンドを守らせるのか、よくわからないこともありますが短期決戦はとりあえず勝てば良し。

苦戦した原因としては現状のチームとしての完成度の差がブラジルが上回っていたと思います。片や予選からチームを作っていますし、日本はチーム結成で1か月たってないですからね。試合を重ねてチーム力を挙げていってほしいものですね。


しかし緒戦から試合について書くことが多くなる試合になるとは思いませんでした(汗)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド