プロ野球

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/03/28(火)
さあ今年もこの季節がやってきました。順位予想。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。さあ頑張って書いていきますか。

昨年と同じように順位順に見ていきます。推定順位と四文字で競馬欄のような短評も入れてみましょう。

まずはファイターズから。気持ちいいなあ、この順番(笑)
下馬評ではどうせ2番手なんだろうなと思いますが、戦力ダウンがあるようでないのが今季。吉川とダイカンの穴を心配しようにもそれほど感じないのが現状。先発も大谷、増井がいなくてもなんとか形になりますし、リリーフも結構揃っている印象。打線も去年の現状維持ができそうな感じです。あとは細かいプレーをこの時期で試すことがかなり出来ている印象。対戦チームでここまでやれているようなところはない感じです。不安は監督の走りすぎくらいでしょうかね。

推定順位 1~3位  短評:連覇可能


続いてホークス。戦力的にはもちろん優勝を狙えるチームということに依存はありません。先発陣は本当に層が厚いですね。ただしスアレスのリタイアでリリーフ陣に心配材料があります。森福の移籍、五十嵐の衰えもあるだけにもしかしたら、一番強みであったリリーフ陣の強さが少しずつなくなってきている気もします。打線はデスパイネの加入で2年前のような打線の厚みが生まれそうです。しかし、松田、内川もそろそろな年齢になってきているので勝負ところで夏バテしてしまう心配も。昨年全く出てこなかった若手野手のホープがでてくれば変わってきそう。上林、真砂あたりが頭角をあらわすと怖いですね。

推定順位 1~4位 短評:優勝候補

3位のマリーンズ。 このチームは実は不確定要素が大きいです。デスパイネの退団、新外国人2人加入。そして二遊間がコンバートとかなり動きがありました。センターラインが安定するかどうかが一番の鍵ですね。投手陣は涌井、石川の先発陣、リリーフ陣も強力ですがただし層が薄く怪我に弱い印象。一年持てば強いと思いますが、そうでないと変わりになる投手がでてくるかどうか。捨て試合の捨て方が潔すぎる伊東監督がどうシーズンをマネジメントするかも見どころです。

推定順位 3~5位 短評:手腕注目

4位のライオンズ。監督も変わり新しくチームを作り直している印象です。投手としては岸の退団がやはり大きい印象。菊地中心の先発でどうなるか。リリーフはクローザーの増田はいいのですがそれ以外が計算が難しい。牧田をどう起用するのかですね。WBCの起用法ではリリーフでいくのかなという気もしていますが。打線は破壊力は健在。山川、木村あたりが戦力になるととんでもないことになりそうです。あとは野球の粗さがどこまで改善されるか。一年でどこまで変わりますか。

推定順位 3~6位 短評:地盤固め

5位のイーグルスは岸の加入で則本とのスーパーエースコンビが実現。他の先発も地味ながらまずまずと言った印象ですがやっぱりここはリリーフ陣。松井が不安定だし、ミコライオの退団も痛いですね。打線は外国人3枚並べてのオーダーで破壊力勝負にでます。が故障が多そうなアマダーは大丈夫なのか。ショート茂木は今季も大丈夫なのかと心配はあるんですが、この攻撃シフトが機能すると面白そうです。

推定順位2~6位 短評:一か八か

最下位のバファローズ。投手はそれなりに揃っていて守備力もそれなりにあるチームですが、どうも何か強く訴える物が少ない印象です。打線は糸井の穴を外国人でカバーする形ですが果たしてハマるかどうか。長距離砲吉田、捕手若月、安達、西野の二遊間と若く楽しみな選手が多いのですが主役になる選手がいないのかなといいう印象。金子が復活しても変わるのかなと言う印象もあります。

推定順位3~6位 短評:成長期待


さて、ここまで簡単に振り返ってきましたが順位発表です!!


優勝 北海道日本ハムファイターズ

2位福岡ソフトバンクホークス

3位 千葉ロッテマリーンズ

4位 東北楽天ゴールデンイーグルス

5位 埼玉西武ライオンズ

6位 オリックス・バファローズ



上2チームとそれ以外の4チーム。そこまでは簡単にできたのですが、そこからが悩みました。
上の2チームですが決め手になったのは、ホークスの新陳代謝がうまく行っていない感じですかね。あとはリリーフ陣の不安。優勝する力があるのはこの2チームと見ているのですが、ウィークポイントが目立つ方を下にしてみました。

他の4チームの決め手はまず先発陣。そしてリリーフ陣の順ですね。マリーンズ、イーグルスも二遊間に不安があるのですが、先発で試合を作れる能力を優先して決めてみました。残りの2チームは決め手の有り無しですね。バファローズは悪くはないのですがいいところが目立たないところがここになってしまった感じです。

前年と4,5位を入れ替えただけとつまらない予想になりましたが、まあどこまで当たることやら。順位そのものより見解が当たっていればいいんだよと今から強がりを書いて終わりにしておきたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


2017/02/13(月)
さて、前回に続き、ハムかつJAPAN代表発表の続き。今回は内野手、外野手の6名ずつ計12名を選出してきます。

ここで重視したいのはまずは打撃に確実性があるタイプを重視したいということ、そしてある程度のパワーを持っていること。確実性があってもパワーがなければ外国勢のパワーに押し込まれる可能性もあるので、それなりのパワーを求めたいところ。ミート>パワーと捉えていただければと思います。あとは守備力、走力を多少重きをおいてみたいと思います。

選出方法はまず各ポジションのレギュラー候補を選んでいき、、足りないところを他の選手でカバーできるような感じです。控え候補の選手は複数のポジションを守れる選手を中心に考えていきたいです。

まずは攻撃と守備の中心になる選手を選びたいです。攻撃は言うまでもなく4番打者。守備は二遊間です。

4番候補は僕自身は筒香の一択で行きたいです。現在のNPBの最強スラッガーは彼だと思いますのでまず彼を外野として選びます。
ショート、セカンドは守備力が高く打撃も優秀な選手。実はここは今しっかりしているんですよね。ショートは坂本で問題なしでしょう。続いてのセカンドは菊池と山田が候補。さあどちらをレギュラー候補に考えるとなると実はかなり悩みました。というのもチャンスメーカータイプの打者が少ないため菊池をどうしても外せないのです。山田をサードに回せればいいのですが実際にやって機能していませんでしたからその手はなし。山田をベンチに置いておくほどの余裕はさすがにないので、苦肉の策として山田をDH、筒香にレフトを守らせるということで進めていきたいと思います。

これからはポジションごとにレギュラーを決めていく感じで進めていきます。まずはサードですが、これは松田でいいかなと思います。川端もいいかなと思ったのですがパワーの面が物足りない、あと走力が意外にないんですよね。松田は守備力は定評あるし、意外に足も速い。ムードメーカーになる選手だし入れておきたい選手でもありますね。

ファーストと行きたいところですが、実は最後に決めたのがここでしたので飛ばして外野の残り2ポジションにいきます。

ライトは広島の鈴木にします。理由は神ってるから(笑)ではなく、スピード、パワーを兼ね備えて守備、打力も高い点ですね。センターは実はかなり悩んだポジションですがここまでチャンスメーカータイプの選手が少ないこと、あとは左打者が少ないのでそろそろ入れておきたいところです。秋山がまず頭に思い浮かんだのですがここは丸にしておきます。決めては今は3番として機能している中距離打者ですがトップの経験もありますので攻撃なトップになるのではないかと思います。

これでファースト意外のレギュラー候補が決まりました。そのファーストは内川と中田で最後まで悩みました。ここまで選んだ8人でオーダーを組むと筒香のあとの5番がいないんですよね。長打の中田かそれともアベレージの内川か。こうなると好みになってしまうのですが4番のあとは違うタイプのバッターがいいというところで内川にします。左右のバランスでTー岡田も考えたんですがちょっと弱いかなと思ったので内川にしました。

さああとの選手は複数ポジションをこなせる選手を中心に選び、もしものための備えをしていきたいと思いますが、まずその前に考えなければ行けないのがレフトの守備固め。守備力を重視して選んでいるんですがレフトだけはセカンドのどちらかをDHにしないといけないので筒香に守らせる必要が出てきます。ここで守備固めができる選手、そしてそれ以外に走力、代打あるいはスタメンでも期待できる選手がいればベストです。そんな選手がいました、西川です。西川にレフトを守らせて筒香DHという手もとることが出来ます。最もその場合は山田、菊池どちらかを外さないといけないのですが。

あと内野1名、外野2名です。内野はサード、ショートの控えがいないのでそこを守れる選手ということでロッテの鈴木大地をいれます。ショートの守備はちょっと心配ですがセカンド、ショート、サード守れてそこそこ打てそうな選手ですからサブとしておいておきたい選手です。

外野はレフトは2名選びましたのでセンター、ライト守れるような選手。鈴木がキャリアが浅いだけに不調に陥る可能性もありますからここはしっかりした実績のある選手を選びたいところ。糸井と柳田で迷いましたが両方ある程度の守備経験がある点では糸井に軍配をあげようと思います。最後の1名はファーストの控えがいないので一塁と外野を守れるような選手ということでソフトバンクの中村にします。彼なら粘れるしその上出塁も高いし、盗塁できる脚力はないがそこそこ足も速い。攻撃面でも使い勝手がいい選手だと思います。

最後にハムかつJAPAN28名をまとめます。

投手  菅野(巨人)野村(広島)石川(ロッテ)和田(ソフトバンク)
     涌井(ロッテ)牧田(西武)増井(日本ハム)千賀(ソフトバンク)
     宮西(日本ハム)秋吉(ヤクルト)平野(オリックス)増田(西武)岡田(中日)

捕手  嶋(楽天)石原(広島)田村(ロッテ)

内野手 内川(ソフトバンク)山田(ヤクルト)菊池(広島)坂本(巨人)松田(ソフトバンク)鈴木大地(ロッテ)

外野手 筒香(DeNA)丸(広島)鈴木誠也(広島)西川(日本ハム)糸井(阪神)中村(ソフトバンク)




チームごとに見てみるとソフトバンク、広島が5名ずつ、ロッテも4名とやや偏りはありますが12球団1名は選ぶことができたみたいです。糸井のチョイスはそんなことを少しは意識しましたが、所属球団考えないで選んだ割にはうまく選べたかなと思います。これなら各球団から選び過ぎというクレームはこないでしょう(笑)

最後に打線のオーダーを決めて終わります。

1番 センター 丸 2番 セカンド菊池 3番 DH山田 4番レフト筒香 5番ファースト内川
6番 ショート 坂本 7番 サード松田 8番 キャッチャー嶋 9番 ライト鈴木(広島)



あー長かった(^^;)ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。(_ _)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

2017/02/11(土)
WBCも開幕1ヶ月を切ってしまいました。

個人的にはこの大会にはかなり冷めてみているのですが、代表選出にはちょっと興味があります。日本は代表チームが3つくらい作れるほど層が厚いと韓国の関係者が言ったとかという話を聞いたことがあるのですが、選出者によって顔ぶれは変わってくるでしょう。

そこでハムかつサンドがメンバーを選んでみたらどうなるか?これで僕自身の野球観を少しでも感じ取ってくれればと思います。これで今季の試合レビューも楽しく読めるかも!?(←それは文章次第)

それではハムかつJAPANのWBCメンバー選出ヲ開始します(←あやまんJAPANではない)

ここでルールを決めます。WBCと同じように選出したいので

NPB所属選手からのみの選出(メジャー組は選考対象外)
28名の選出(投手13名 捕手3名 内野手6名 外野手6名)



としていきます。あと基本的にはチーム事情による辞退は考慮しないことにします。それを考えるとこの企画頓挫しますからね。チーム選出人数のバランスもとらないでいきたいです。

まずは投手13名から。ここは3パターンに分けて選出していきます。

A:先発型4名 B先発・リリーフ兼任型4名 Cリリーフ専門5名

まずはAからですが、一番に考えたいのが制球力。複数の球種でストライクを確実に取れるようなピッチャーを選んでいきたいです。というのも日本人投手の武器って制球力と思います。パワーピッチャーで海外の投手に対抗するのもいいのですが正直たかが知れてるような気もします。パワーよりもコントロール、そんな観点で以下の4名を選出しました。

菅野(巨人) 野村(広島) 石川(ロッテ) 和田(ソフトバンク)

続いてCのリリーフの5名。まずは1イニングをしっかり抑えてくれる投手ということ。ワンポイントタイプもいいのですがWBCには球数制限があるますので少しでも長いイニングを投げてくれる投手を優先させたいです。あとは変則投手を混ぜていきたい。一発勝負なので変則フォームというだけでも相手には優位に立てるのではにないかと考えました。あとはタイプ的に偏りがないこと、あとはデータ的に長打の危険が少なく、三振が取れ四球が少ない選手を選んでみました。

宮西(日本ハム) 秋吉(ヤクルト) 平野(オリックス) 増田(西武) 岡田(中日)

最後の2名はかなり悩んでの選考でした。日本を代表するクローザーを選びたいと思っていたんですがそういう投手が残念ながらいないという現状。増田、岡田はサイバーメトリクスのデータだけで選んだ感じです。決してますだおかだと掛けたわけではありません。(←書いて見て初めて気づいた)松井や澤村も考えたんですが安定度という面でそこまで信頼が置けないのかなと感じたこともあるんですよね。

順番は逆ですが最後にBの4名。これはAとCの考え方をミックスして選考したことと、あとは実際に先発、リリーフである程度の実績を残した選手を選んでみました。

牧田(西武) 涌井(ロッテ) 増井(日本ハム) 千賀(ソフトバンク)

Bに選出した選手はチーム事情によって先発あるいはリリーフに回せることができる選手としての位置づけです。第二先発として考えますが先発陣、リリーフ陣に不測の事態が発生した場合対応できるようにです。牧田を選出している理由はアンダーハンドでしかも先発、中継ぎ,抑えのすべての経験があるという点。監督としては使い勝手がいい選手だと思います。

大谷は選出外としています。先に書いたように先発は制球力重視で選んでいるということが理由の一つです。球数制限がある大会だから立ち直った頃に球数オーバーになる可能性もあるので、今の大谷は使いづらいところもあるんですよね。

次はキャッチャー3名。ここで3名とられるのは野手の選出を考えるとキツイのですが、実際3名はいないと不慮の事態には対応できませんからね。選考のポイントは守備力。打てて守れる捕手、城島や阿部のような存在がいると楽なのですがそういう選手はいないのでまずは守れること、そして次に打力、経験値という考え方で選んでみました。

嶋(楽天) 石原(広島) 田村(ロッテ)

嶋は国際試合の経験値が随一のため外せません。あと2人ですがまずはベテランの石原。打力は心配ですがリード面でチームを支えてくれそう。リリーフキャッチャーとして使いたいですね。3人目は炭谷も考えたのですが田村を選出します。炭谷は石原と似た感じもある点、あとは若いキャッチャーに経験を積ませることも大事でしょう。打力、肩は十分なのでありと思います。

大野、小林は選出しませんでした。大野は打力、守備もまずまずなのですがリードの偏りが国際試合でどうでるか、かなりギャンブルに近いところも感じるんですよね。小林はデータ的に守備はいいのですがいかんせん打力が低すぎる、それなら守備型捕手なら石原のほうが経験値もあるのでこちらでしょう。

ここまで投手13名、捕手3名を選出してみました。残り12名は長くなってきたので次回にします。お楽しみに。ポポイのポイ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


2016/10/09(日)
あっさりとホークスの札幌行きが決まりました。

2試合連続先頭打者HRという珍しい展開で始まった試合でしたが、マリーンズは結局これだけでした。バンテンも調子がいいとは思いませんでしたが力でねじ伏せられてしまった感じでした。

初回のデスパイネのゲッツーですね。昨日まで真っ直ぐを打たれていましたが今日はそのまっすぐがインコースに行ったおかげでデスパイネが力負けしました。その残像が活きて次の打席は変化球オンリーで三振。これでデスパイネを機能停止にしたことでホークスの優位は決まりました。

ホークス打線は左打者が石川を攻略しました。武器であるシンカーが浮き、決まらず投球の幅が狭くなった石川を明石が本多が攻略しました。明石のタイムリーはシンカーが決まらないならインコースにカーブを投げるんですがコレをカットされるとインコースのまっすぐを詰まりながらレフト前にポトリ。シンカーが意識にあればあそこまで詰まりながら運べなかったように思えます。

ホークスのモチベーションがどうかと思いましたが2年前のオリックスとは違いました。やはり勝ち慣れしているチームは違うというところなんでしょうか。力通りのあっさりのスイープ。今季のパ・リーグは2強でしたから、これが理想のファイナルステージのカードなんでしょう。

柳田が戻ってきましたが打線にはそれほど脅威を感じません。内川が復調してきたのが脅威ですが松田は相変わらず良くないですし、最初はうちのほうが先発投手で優位に立ちます。あまり脅威に捉えずにいつもどおりやればいいんじゃないかと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
2016/10/08(土)
簡単ですがCS第1戦の感想を。

やっぱりホークスのほうが強いなあという感想ですね。初回の2本のHR、そして田村、鈴木の好守がありなんとが五分に渡り合えていた感じのマリーンズという感じでしたが内の大乱調で勝負ありましたね。

涌井、千賀譲らずの投手戦。動いたのは二番手の出来だったのですが先頭打者をヒットで出し、送りバント態勢のバッターを歩かせ、更にサービスでもう一つ四球では、そりゃ勝てません。

一方ホークスもまっすぐに強いデスパイネに2本同じように外のまっすぐをライトテラスにズドン。こういうピッチング見てると隙きはあると捉えられますね。

ホークス先勝で優位に経ちましたが今日の試合の進め方では思わぬ形で落とすこともありそう。マリーンズが明日どう戦うか楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド