09年ハム回顧

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2010/01/19(火)
【今季成績】
  3試合 打率 .333 本塁打  0  打点   0  
      盗塁 0     犠打  1  出塁率 .333 長打率 .333


【今季のポジション】

コーチ!時々キャッチャー

【コメント】

 今回、回顧録で取り上げた選手は今季一軍でそれなりに試合に出場している選手をあげていったのですが、中嶋コーチは例外かもしれません。

 今季のほとんどがコーチとしてのベンチ入り。今季で引退→コーチ専任というのが流れかと思っていたのですが、一番近い登録外の捕手ということで、何度か選手登録をされました。

 8月に起きた西武戦での中嶋劇場、インフル騒動のときのダルビッシュの女房役と出場数のわりにインパクトが大きかった中嶋聡の2009年でした。

 高橋信二の一塁転向により、捕手が通常2人制のため、戦略的に必要な場面に声がかかる、便利な存在でした。しかし、鶴岡、大野に続く第3のキャッチャーがいなかったのが現実。中嶋コーチを見れる喜びはあるのですが、チームとしてはいつまでもコーチに頼っていてはいけないのも事実。

 来季もコーチ兼任。ロッテ高木の引退により、最後の阪急戦士になりました。出番があるときは元気な姿を見せてもらいたいですね。

【評価】

 3
【来季の希望】

 コーチ業に専念できる状況になってほしいけど、出るときは元気な姿で

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
訪問記念に1クリック押していただけますか?
2010/01/18(月)
【今季成績】
117試合 打率 .266 本塁打  27  打点  88  
      盗塁 1     犠打  0  出塁率 .359 長打率 .529


【今季のポジション】

 DH、レフト

【コメント】
終盤戦の活躍が強烈な印象として残ったスレッジの2009年でした。

 特に、ここで打てばサヨナラ、同点、勝ち越し…。といった場面では必ず打ってしまう、野球漫画のヒーローみたいな活躍でした。

 最後のほうでは何かやってくれるんじゃないの?といった期待を見ているほうも勝手に持ってしまうのですが、その期待に応えるスレッジが頼もしかったです。

 しかし、CSまででやり過ぎたのがいけなかったのか、日本シリーズで巨人に研究され、抑え込まれてしまいました。

 名手とは言えなくても及第点を挙げられる外野守備、打率は不満がありますが、チーム随一の長打力、そして勝負強さ・・・。

 あと、忘れてならないのが、フォアザチームの精神を持っていたことでしょうか。

 2年間の在籍でしたがしっかりファイターズの歴史に刻み込まれた選手と言えるでしょう。

 欠点は、2年連続で足の故障で1月近く離脱してしまったこと、あと、不振になると、脱するまで時間がかかること。

 それを考えると、1年あたり2億の金額はやはり出せないかなと思うので、退団は仕方ないかなと思います。

 DH制がないので、足に不安のある状態で、1年フルに外野を守れるか?その不安はありますが、頑張ってほしいものです。

(横浜入団の展望記事は以下参照↓↓)
スレッジ、横浜入団で大丈夫かな?


 
 


【評価】

 

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
訪問記念に1クリック押していただけますか?
2010/01/16(土)
【今季成績】
 84試合 打率 .267 本塁打  0  打点  15  
      盗塁 0     犠打 2  出塁率 .292 長打率 .322


【今季のポジション】

代打時々スタメン

【コメント】

代打の神様まではいかなくても、代打の切り札とは十分いえる働きをした坪井の2009年でした。

 代打率が.306と二岡、稲田の4割には劣りますが、2割5分打てれば、合格といわれる代打での3割超え、しかもリーグ最多の55回の起用回数での成績ですから、十分すぎるほどの働きでした。

 長打力はないものの、的確なバットコントロールは健在ですし、代打として適しているバッターです。

 しかし、スタメンでの好印象が薄かったのも確か。5番を打った試合もありましたが、スタメンだとちょっと・・。という印象も持ってしまいました。

 もしかして、代打屋として生きていくつもりなのか?とも勘ぐってしまいますが、他の外野陣と比較すると見劣りしますが、外野守備も及第点以上ですし、まだまだレギュラー奪取をあきらめないでほしいです。

 成績の傾向が隔年なので2010年はどうか?と心配しますが、まだまだチームには数少ないベテランとして必要ですし、人気もある選手なので、存在感がある活躍をしてほしいと思います。


【評価】

 

【来季の希望】

 若手の壁に、手本になるような働きを期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
訪問記念に1クリック押していただけますか?

2010/01/14(木)
【今季成績】
107試合 打率 .247 本塁打  1  打点  29  
      盗塁 9     犠打 43  出塁率 .341 長打率 .326


【今季のポジション】

代走、守備固め→レフト

【コメント】

 昨季の不振をそのまま持ちこしてしまった2009年シーズン。レギュラー剥奪、昨季に続く死球による骨折、打撃不振、ひちょりにとって逆風がさらに強まったシーズンになってしまいました。

 打撃の思い切りがなくなっていることがこの2年のシーズンで感じられ、以前は意外性ともいえる長打が魅力でもあったのですが、長打の期待ができないバッターになってしまいました。

 最終的には2番レフトを勝ち取り、レギュラーは死守することができましたが、常連となっていたゴールデングラブの受賞は逃してしまい、打撃不振がこんなところにも影響したようです。(守備の賞で打撃成績は関係ないと思うのですが)

 2番打者としての仕事はしっかりと果たしました。犠打はリーグトップの43。失敗なしというのが見事でした。出塁率が.341と四球を選び、中軸につなげる役割を果たしました。

 しかし、2番だと思い切りの良さが持ち味のひちょりを生かしきれないと思います。かつての1番打者で小技もきっちりこなす技量は持っているので、2番の技量はあるのですが、制約が多いとあまり能力を生かしきれないタイプかと思います。前2番の賢介はどの打順でもこなせる器用さはあるので適任だったのですが、ひちょりはそこまでの適用性はないかと思っているので、1番ひちょり、2番賢介を再度推奨したいです。

 といっても賢介1番が素晴らしく機能しているので、ひちょりには2番で能力を発揮できるよう頑張ってももらうしかないでしょう。

 守備も糸井のセンター定着でレフトが定位置に落ち着きましたが、それほど強肩でもないことを考えるとレフトのほうがいいかもしれません。前の打球の判断に若干不安があるものの、左右、後ろの反応は相変わらずの国内トップレベルです。

 2009年以上に、グラウンドで躍動するひちょりをみたいですね。


【評価】

 

【来季の希望】

 打率はせめて.270くらい。盗塁は20前後で(09年、9個はさみしい・・・)



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
訪問記念に1クリック押していただけますか?
2010/01/12(火)
【今季成績】
 24試合 防御率 5.53  2勝 0敗 0セーブ 3ホールド
  27 2/3回  被安打  25 被本塁打  4 与四死球 21 奪三振  20
 

【今季のポジション】

 中継ぎ

【コメント】
 
 今季新人での勝ち星が両リーグを通じて一番乗りを果たしましたが、勝ち星はあとひとつ加えただけ、結果的には一軍の戦力にはなれなかったそんな一年でした。

 しかし、テスト入団の選手が開幕一軍を果たし、初勝利一番乗りをしたことは痛快でした。

 この選手を語る上で身長のことはどうしてもはずせないでしょう。投手としての165cmはどうしても背がたりないのでは?との印象を持たれがちですが、それが単なる思い込みであることを少しながら見せてくれました。

 イニング数は少ないものの、奪三振数はイニング数に近い数値をだしていますし、被安打はイニング数以下。これは、ボールそのものが通用していることを表しているのかと思います。反対に四死球の多さ=安定感不足が一軍にち着できなかった原因でしょう。

 5連続奪三振と派手なピッチングをすることもありますが、連続四球で自滅する・・。一軍ではまだ厳しいのですが、通用するのではとの期待を持たせてくれたのも確かです。

 武田久という格好の目標がいますので、来季もステップアップしてもらえたらと思います。

 
【評価】

 3 

【来季の希望】

 無駄な四球をなくし、安定感UPを

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
訪問記念に1クリック押していただけますか?

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド