ハムかつサンドはたべものです2017年04月15日

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/04/15(土)
ファイターズ 2 - 4 イーグルス     
ニッカン式スコア

今日の有原ですがタイトルのとおり、見殺しにされたのではなく自滅したという印象です。

確かに美馬との序盤の投手戦では互角でしたが、まっすぐの球威はあったのですが結局終始高めだったので5回はそこを狙われスクイズで先制を許します。そして追加点のHRをペゲーロに打たれるとウィーラー、アマダー、銀次と3連打であっさり3失点目。これで試合はほぼ決まってしまいました。

スクイズの場面はまだしも、ペゲーロには初球の高めをしっかり叩かれてしまいます。まだこの一発だけなら2点ビハインド、苦しいですが試合にはまだなるのですが、やはり痛かったのは3点目をあっさり許してしまったことだと思います。
この4人に共通するところはファーストストライクを仕留めていること。あれっ?このブログを見ている方は気づかれた方も多いのではないのでしょうか?先週と同じような打たれ方を今回もしてしまったことを。

前回は大野のリードがやり玉にあげていた方も多かったのですが今日は清水がキャッチャー。それでも同じような打たれ方をするということはこれは有原自身に問題あること。映像を確認すると、ウィーラー以降の投球はコーナーに構える清水のミットよりも終始真ん中にボールが集まっています。こうなると有原のメンタルの問題。

打たれ始めると細心さが頭のなかで飛んでしまうのか、カッとするのかはわかりませんが、ただ投げているだけになってしまうのが有原の悪い癖。結果7回3失点でQS達成ではあるんですが今のチーム状況で勝つには2失点以内まででしょう。エースとしてはまずはチームを勝たせるピッチングをすること。カッとするのはカットボールだけで結構です。(←オヤジギャグ)

野手陣は岡は・・・・・。どうしましょうか。すっかりセンター狙いのバッティングを完全に忘れてしまって、なんでもかんでも引っ張り回してゲッツーマシン。おまけにもれなくベースから飛び出してアウトになるオプションも実施してくれる相手チームにとっては天使のような存在。僕らにとっては悪魔ですが。けが人が多く、育てたい選手なのはわかるんですが、こうプレーに気持ちが見えないとさすがに応援する気は失せてしまいます。不振の西川にセンターを守らせるという負担は欠けたくはないのですが、彼をセンターとする近未来図を考えないといけないのかもしれませんね。

明日はメンディ。一番内容がいいので期待もしているのですが、キャッチャーは誰になるのかが非常に興味あります。英語のできる大野がいつものコンビですが、ここで清水起用だといよいよ清水正捕手育成プログラムが動き出しているということでしょう。あと岡への処遇も注目ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド