ハムかつサンドはたべものです2017年04月17日

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/04/17(月)
毎年のように書いている気がする一回り当たっての感想。2連戦や中止もあるので、今年のように15試合というくくりではないですが、5カード終了した時の勝敗を出してみます。

08年 7-7
09年 9-5
10年 3①10
11年 8-5
12年 9-6
13年 6-8
14年 8-7
15年 10-3
16年 5-8
17年 4-11



この数字だと相撲の成績みたいなんですが(^^)優勝した翌年って悪いですね。表にはありませんが07年優勝の翌年の08年だけが例外で五分発信。優勝翌年で監督交替もあった年ですから他の年とは事情が異なるのかもしれません。

優勝した翌年の立ち上がりは否が応でも相手にはマークされるし、オフは多忙でなかなか休むこともできない。今季に至ってはWBC出場した選手もいるし、複数年契約の一年目で気合が入らない選手もいそうですし、ただ単に優勝ボケしている選手もいるかもしれない。海外キャンプをしてから、調整が難しくなっていることもあるかもしれません。けが人が多い原因の一つとして考えられることでしょう。

ルーキーの石井と去年悔しい思いをした近藤が現在好調なのがそう思わせる原因です。去年がかなりハードな戦いですから目一杯やった選手は反動が心身ともにきてもおかしくはないですよね。

というわけで今季はゆっくりやっていきましょう。

なんて誰も思いませんよね!! 僕らよりも選手自身がそんなはずではと一人ひとりが考えているはず。今までの戦いを思い出してやってほしいといいたいところなんですが、相手はそうは当然させまいとしてきます。各選手が一つステップアップしないと再度歓喜の場面はやってこないでしょう。

打撃面で完全に壁にあたった中島、長打を欲しがり本来のバッティングができない西川。エースになるために苦闘している有原。批判するのは簡単ですが、果たして彼らが本当の主力になれるかどうか試されている時期なんだなと思います。西川と有原は試合で修正していくだけなんですが、中島は打撃の修正ができずにここまで来てしまった感じです。正直一度打撃を作り直したいぐらいなのですが、守備面を考えると外せないですから、悩ましいところです。

そんな苦悩を抱えながらも試合は明日もあります。中田や大谷がいないことが苦戦の原因とは思ってません。結局は彼らが求められているパフォーマンスを発揮できないことが大きいと見ています。

2010年も酷い有様でしたが、ボク個人の気持ちとしてはこんな状態からどうなるのかなと見守る気持ちが強いんですよね。あの頃はアタフタして見ていましたから、変わるものですね。10年のシーズンは最終的にBクラスでしたが後半は面白かったシーズンでしたね。まあさすがにこのままシーズン終了は無いと思います。

って大丈夫だよね(^^;)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド