先発争い、ここにきて激化?

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/03/12(月)
先発争いも無風かと思いきやここにきて激化してきそうな気がしてきました。

11日に登板した吉川は結果はまずまずでしたが内容的には微妙でした。

【日本ハム】吉川5回1失点も反省(日刊スポーツ)

先発ローテ候補の日本ハム吉川光夫投手(23)が、5回4安打1失点で降板した。結果はまずまずだが、5イニング中4回で先頭打者に出塁を許した。「四球も絡んでしまったし、その辺は注意していかないと。はっきりとしたボール球もあったし、投げ急いだ部分があった」と反省の言葉を並べた。



ぱわーあぷした姿を感じましたがどうも安心感を得るにはまだまだのようです。しかしこれだけ先頭をだしても失点1に抑えたことはランナーを出すとテンパリキャラになる吉川でしたがそこからは脱皮できるようになる一歩前進ということでしょうか。

マサル、両外国人、斎藤までは当確で残り2人の椅子を争う形になりますが八木はある程度結果を残せば実績では文句ないので一歩リードしているとして吉川はこの2人と争うことになりそうです。

【道スポ】実戦6試合自責0 ルーキー森内、ローテ争いの伏兵に

ローテ争いに伏兵襲来だ。日本ハムは11日、倉敷で楽天とのオープン戦に臨み、ルーキーの森内寿春投手(27)=JR東日本東北=が九回を3者凡退に抑えた。実戦6試合連続自責点0の内容に栗山英樹監督(50)の評価は急上昇し、先発への配置転換を視野に適性チェックに乗り出すことを示唆した。

 決して楽な場面ではなかった。九回に登板し、楽天の中軸と対決した森内は淡々とアウトを積み重ねてみせた。牧田を遊飛に打ち取ると、ガルシアを追い込んでから外いっぱい139キロの直球で見逃し三振。最後は銀次を一邪飛に仕留め、涼しい顔でベンチに引き揚げた。「球速の割には球はいっていたと思う。納得はしています」。ルーキーという言葉が似つかわしくないほど、落ち着いていた。



乾、4回0封で先発ローテ当確…日本ハム(スポーツ報知)

日本ハム・乾真大投手(23)が11日、先発ローテ入りに当確ランプをともした。教育リーグの横浜DeNA戦(鎌ケ谷)でプロ初先発。4回を投げ2安打無失点と好投した。昨季は1軍で、5試合にすべて中継ぎで登板。斎藤と同期の2年目左腕が、スターターとしての適性を実証して見せた。

 真っさらなマウンドを入念にならした。足場をしっかり固めた乾は、気持ちよさそうに左腕を振り抜いた。「今日は力まずに7、8割の力でというのを常に頭に置きながら投げました」。力感を感じさせないフォームから、最速141キロの直球を軸に投球を組み立てた。4回3奪三振で0封。「先発というのを一球一球感じながら投げられました」と充実感を漂わせた。



森内は社会人でも先発だったので実力が伴えば問題ないでしょう。乾は去年はリリーフでしたが左の中継ぎを考えると宮西、石井が当確ということを考えると先発を視野に入れることはいいことだと思います。

キャンプ終了時には先発の台頭がないことを嘆いた状況でしたが森内そして乾の先発転向が成功すれば一気に争いも激化しそうです。

個人的にはウルフが今年は先発として持つのか懐疑的なところもあるので若手の候補が多く出てくることには越したことありません。

それにしても報知の見出しは紛らわしい、これって先発候補の一人に当確という意味なのね・・。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1006-4b30c9bd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド