目安といっても守ることは当然です

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/03/15(木)
このことにはショックはないのですが、開き直り方が少し許せないですね・・。


申し合わせ超える契約金 逆指名入団の主力も 巨人「ルール反してない」

 プロ野球巨人が主力を含む一部選手と、契約金の「最高標準額」として球界で申し合わせた1億5千万円(出来高払い5千万円を含む)を超える契約を結んでいたことが15日、分かった。関係者が明らかにした。
 標準額を上回る契約を結んだのは、ドラフトで大学生や社会人の有力選手が入団先を選べる逆指名制度や自由獲得枠があった1993~2004年に、制度を利用して入団した選手とみられる。朝日新聞は98年入団の高橋由伸選手、01年入団の阿部慎之助選手、99年に入団し大リーグに移った上原浩治選手のほか、内海哲也選手、野間口貴彦選手、日本ハムに移籍した二岡智宏選手の6選手がいずれも契約金の最高標準額を超え、計36億円だったと報じた。
 巨人は取材を受けた上での反論として「最高標準額は緩やかな目安と認識されてきた。球界のルールに反しておらず、税務申告も適正に行っており違法と見なされる点もない。記事によって特定の選手のプライバシーや契約上の秘密が暴露されれば極めて遺憾」などとする文書を発表。朝日新聞に対して抗議書を送ったことも発表した。
 関係者は「最高標準額は目安だった。優秀な選手にそれ以上の提示をすることはあったようだ」と語った。別の関係者によると、標準額を超える分の契約金は複数年に分けて支払われていた。入団時に設定した数項目のノルマを達成しない場合には支給されなかったという。最高標準額は93年の逆指名導入の際に、1億円とすることで申し合わせた。アマチュア選手への利益供与禁止を12球団で申し合わせた05年の「倫理行動宣言」以降、巨人では最高標準額を超える契約はないという。
 過去の契約金超過例としては、西武がアマ2選手への不正な金銭の供与が発覚した際に設置した調査委員会の調べで94年から05年の間に、15選手に最高標準額を超える契約金、総額11億9千万円が支払われたことが公表された。横浜(現DeNA)が05年に入団した那須野巧選手に5億3千万円の契約金を支払ったことも明らかになった。両球団には厳重注意処分が科された。



今回は巨人がニュースになりましたが実際には他球団も行っていたと考える方が自然でしょう。逆指名と言っても実際には自由競争の一部容認だったわけですし、競争を勝ち抜くにはどうしてもカネという手段が必要だったことは容易に想像がつきます

だから巨人だけを悪者にするつもりは毛頭ないのですが、しかし巨人のやってきたことは報道が確かならやはり問題です。(一部選手に関しては認めていますが)

目安なら破っていいのか、それならばなぜ目安を決めたのか、少し考えればわかりそうなものです。逆指名制度1年目で契約金がすでに高騰、ロッテが指名した投手は1億6千万円と報道されました。その高騰を防止するために目安を決めたのですが 6人で36億円ではどう考えても目安額の倍以上の金額を提示したことは明らかです。

もっとも制約がないころなので処分される必要はないのですが、目安だから違法ではないと開き直るのは筋がとおってないかと思います。もっとも事実無根だと訴えたほうが筋がまだ通っていると思います。信じてくれるかは別問題ですが。

去年暮れのお家騒動といい、どうも巨人というチームは自分たちが中心で動いていると思う節が目に余るほど強いです。球界の盟主を自負するならもう少しうまくやれよと思いますが、球界の悪役を襲名する気ならそれでもいいのでしょうね。


少なくとも目安だからといっても無視していいということはありません。読売の偉い人にはそれがわからんのですな。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1007-7d0dff2c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド