2012年度ペナントレース順位予想!!

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/03/21(水)
さて、シーズン前恒例となりました順位予想です。今年ではや4回目の予想ですが、はたして当たるのか。去年は

横浜ベイスターズを5位!

と大胆予想をして見事撃沈しましたが果たして今回はそんなサプライズがあるのか?

というわけで今回もこんな基準で試算しました。
注)2011年は特に数字は公表しませんでしたが同じ計算方法をもとに算出しています


①ゲームメイク力(先発投手)    どれだけ失点を少なく、先発投手がゲームをつくれるか

②リード保持力 (リリーフ投手)  リードを守り、勝ちゲームを拾えるか

③チャンスメーク力(1,2番打者)  出塁し、相手にプレッシャーをかけれるか

④得点力     (クリーンアップ) どれだけ打点をあげれるか

⑤守備力               センターラインを中心に判定します



各10点、計50点で採点していきます。


さてパリーグから見ていきます。順番は日本一に敬意を表してソフトバンクから




【福岡ソフトバンクホークス・昨年度1位】

①ゲームメーク力(先発投手)  7 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 8 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 7 点

④得点力(クリーンアップ) 8 点

⑤守備力   7 点
 
合計  37 点


【北海道日本ハムファイターズ・昨年度2位】

①ゲームメーク力(先発投手)  7 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 8 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 7 点

④得点力(クリーンアップ) 8 点
 
⑤守備力  8 点
 
合計 38 点 

【埼玉西武ライオンズ・昨年度3位】

①ゲームメーク力(先発投手) 6 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 5 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 8 点
 
④得点力(クリーンアップ) 9 点
 
⑤守備力  6  点

合計   34  点




 【オリックスバファローズ・昨年度4位】

①ゲームメーク力(先発投手) 7 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 8 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 7 点

④得点力(クリーンアップ) 6 点

⑤守備力  6  点

合計   34 点

【東北楽天ゴールデンイーグルス・昨年度5位】

①ゲームメーク力(先発投手) 6 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 7 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 8 点
 
④得点力(クリーンアップ) 7 点
  
⑤守備力  6 点
 
合計 34 点

【千葉ロッテマリーンズ・昨年度6位】

①ゲームメーク力(先発投手) 7 点

②リード保持力 (リリーフ投手) 7 点

③チャンスメーク力(1,2番打者) 7 点

④得点力(クリーンアップ) 7 点

⑤守備力  6 点

合計    34 点

実は4チームが34点と並んでしまい、これでは順位が決められない。そこで補正を行っています。補正ポイントは各項目で点数が同じ場合、お互いを比較して0.5点単位で加減を行うもの。

補正ポイントは

ソフトバンク(±0) 日本ハム(±0) 西武(-0.5)オリックス(+1)楽天(-0.5)ロッテ(-1)

これで順位が決まりました

発表です!!



1位 北海道日本ハムファイターズ

2位 福岡ソフトバンクホークス

3位 オリックスバファローズ

4位 埼玉西武ライオンズ

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

6位 千葉ロッテマリーンズ





あらあら・・ファイターズが一位になってしまった・・・。ひいきチームにはからめに評価するようにしていますが、計算してしまったらこうなってしまいました。

自分の主観のみだったら西武が優勝だったのですが分析してみると違うものですね。

さてチームごとに書いていきましょう

さて優勝予想になってしまったファイターズ。その要因は大きな穴がなく高い位置でバランスが取れているところです。確かにダルの穴は大きいでしょう。しかし、ダルだけで上位に来ているわけではないですし、他の投手もそれなりに計算できる。そしてリリーフ陣が盤石であることでカバーはできると思います。打線もスレッジが加入して厚みができてきたのもプラスでしょう。

ソフトバンクもバランスはひけをとりません。しかし差がついたのは守備力でした。先発3人抜けたことよりも川崎の穴がどう考えても埋まりようがない。センターラインの守備力、機動力の面でどうしても埋められるイメージが持てません。先発投手もいい投手がいるのですが実績という面では心もとないところがあります。


オリックスは各チームがエース級が抜ける中、エース金子がいることが大きいでしょう。そのほかの先発は心もとないのですが、それでも粒はそろっています。リリーフ陣は強力、打線は中軸が非力なところが難点ではありますが堅実な戦い方でAクラスに滑り込むと予想します。

西武は打線が強力ですがリリーフ陣が計算が立たないところが大きなマイナス。帆足の穴よりもミンチェの穴のほうが響きそうです。あと片岡が離脱している今、もう一つの武器である機動力があまり使えないのも大きいと思い,Bクラスです。プラスの大きさは魅力ですがマイナスも多いチーム構成ですからどっちを取るかで評価が分かれそうです。

楽天は先発の数は致命的に少ないことがネック。田中でどれだけ勝てるか、去年並にやれて初めて最下位脱出になりそうですが、やれると期待して5位予想です。

最下位予想となってしまったロッテですがショートが相変わらず不在、セカンド井口、キャッチャー里崎の衰えとセンターラインの守備力が大きなマイナス。しかもその代わりが見当たらないところが問題。打線も投手も個で流れを変える選手が見当たらず起爆剤になる材料がみつからないところで最下位予想とさせていただきました。


今年は主力選手が離脱したチームが多く難しい予想でした。予想外の選手が数多く出てきたチームが上位に来そうな気がしますね。


最後にファイターズを優勝に予想すると下位に低迷するジンクスがあるんですよね。今回こそは外れてほしいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
おお~!ファイターズが1位だ!
うれしいうれしい。

各チームの戦力分析も僕とほぼ同じですね。
本当に今年は先発が計算出来ないせいで予測が難しい。
おっしゃるように、助っ人や若手といった新戦力がブレークしたチームが抜け出しそうですよね。
ウチだと誰になりますかね~。
個人的には森内か中村勝がブレークしてくれるとうれしいんですが、ハムかつサンドさんなら誰がいいですか?
2012/03/22(木) 16:14 | URL | コンサどん #-[ 編集]

いや~自分でもびっくりですよ。この結果。Aクラスは外さないような気はしていましたがスレッジが復帰したことでチームの大きな穴であった打撃が改善されたことが大きかったと思います。

中村勝と森内ですか。この二人にも期待したいですが僕は何度裏切られても吉川に期待しますね。チームに少ないパワーピッチャーなのでものになれば相手をねじ伏せるピッチングをしてくれるピッチャーになるんじゃないかと期待するんですが、今年は本当にものになってほしいんですがね・・。
2012/03/22(木) 22:22 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
一位当てましたね(^.^)
ブラボー!!
2012/10/11(木) 21:34 | URL | #-[ 編集]
> 一位当てましたね(^.^)
> ブラボー!!
ありがとうございます。^^
2012/10/11(木) 21:50 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1009-e0cf45d4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド