今年の吉川はやっぱり一味違う(4/1VS西武3回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/04/01(日)
ファイターズ 0 - 1 ライオンズ    

ニッカン式スコア

負けたことは残念だけど、でも納得できる負け方、そんな気がします。

その一番の要因は吉川の好投

ここまで今まで一味違うピッチングをしていたとしてもそれは公式でない試合でのハナシ。

公式戦で見せる仕事が評価されるのがプロの仕事ですから、期待もしていましたが、裏切られる覚悟もしていました。

今日のピッチングはこれからは本当に期待し続けていいいんだね?と思わせる内容でした。

吉川のポテンシャルの高さは知っていたつもりですが、今日のピッチングを見て自分の想像以上の能力の持ち主だということを改めて知りました。

それを引き出したツルもいいリードでした。彼のポテンシャルを信じてまっすぐで押していたところがよかったですね。

今日のピッチングで一番成長したと思うのが、おかわり君に一発浴びた後に崩れなかったこと、去年までは崩れていたのですが打たれる前と変わらないピッチングをしてくれたことが何よりもうれしい。

あとは次の登板で同じようなピッチングができるか。2回目でこけるのも吉川の悪いところだったのでそれが治れば、本当に期待できるのではと思います。


完封負けは凹むのですが、今日はそれほどでもありませんでした。

岸の出来がよかったのもあるのですが打てる手を打って負けたので後悔があまりないからかもしれません。

岸から連打し2アウトながら1,3塁となった8回裏の攻撃。投手が左サイドの松永にスイッチ。稲葉、糸井と左が続く場面ですから順当な継投。

しかし稲葉の代打でウグが代打。正直私の考えとズバリでした。稲葉は左を苦にしないというイメージがありますが実は去年あたりから左を苦にしてきています。しかも変則タイプの左は特に苦手で昨日も松永にはやられています。

だからウグで勝負かけないかなと思ったらやってくれました。結果は相手が想定外の手を打ったからなのかストレートの四球。次の糸井が凡退しましたが糸井でダメなら仕方ないとは思えます。

糸井もスライダーでしかストライクが取れない松永のスライダーをミスってファウルにしてしまったのが痛かったですね。

勝負ところでは惜しげもなく選手を使う栗山野球ですが、気になったのが増井の連投。勝ちにいくために勝ちパターンのピッチャーを使うのは悪くないのですが、増井以外にも他にいるでしょと思いました。

もし、今日の試合のような展開が続いた場合、増井を連投させるのかそれとも他の投手を使うのか、その点が気になりました。

前監督が体調管理のマネジメントに気を使いすぎるくらい使っていましたのでどうしても気になってしまう増井の連投でした。

3連勝はできなかったけどいい形で開幕カード終わりました。終わった感想として今年は楽しめそうな感じを受けました。


オリックス戦ではどんな野球をするのか、相手も采配は研究してくるのでそのなかでも同じようにやれるのか、ドキドキしながら火曜日を待つことにします


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1015-37c16cf7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド