継投タイミングと走塁ミス(4/3VSオリックス1回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/04/04(水)
ファイターズ 4 - 5 バファローズ    

ニッカン式スコア


最後に追い上げてはきたものの、惜しかったというより負けるして負けたような試合でした。

ポイントになったのは先発投手の交代時期

共に制球が思う通りいかなく、5回、6回まで持てば・・という内容でした。

最初に降ろすチャンスをつかんだのはファイターズ5回裏の攻撃。四死球2つもらいアップアップだったのですがそこでダイカンがとどめをさせません。

ここで1点取れれば優位に進めただけに痛かった攻撃ではあります

追加点を取れないとピッチャーも根負けするのか、悪いなりに2回以降無失点で来ていたケッペルが信二に2ベース、そしてT-岡田に出してはいけない四球で無死1.2塁。そのあとのバルディリスに同点タイムリーを打たれてしまいます。

谷元にスイッチしますが相手の勢いづく攻撃を止められずこの回の失点が試合を決定づけてしまいました。

結果論でいえば、バルディリスに打たれる前に替えることが正解だったと思いますが、ケッペルは長いイニングを投げてもらいたい投手、そのため連戦の頭にくるようなローテにしているわけなので簡単には代えられません。

シーズン終盤なら替えないといけなかったのですが今は戦力の見定め時期でもあります。ケッペルが今年もやってくれるのかどうか、そして替え時はどのタイミングなのか、まあ、この継投失敗を次回に生かしてもらいたいです。

それにしてもミスが多かった試合になりました。

初回のタイムリー2本もマック、賢介がはじいてヒットにしたものではじかなければ失点は防げたような気がします。

一番大きかったのが逆転直後の稲葉の走塁アウト。3連続タイムリーで勢いづいたチームの流れを止めてしまいました。3塁コーチャーと稲葉との意思疎通ができていなかったようなプレーでもったいなかったし、相手に一息つけさせてしまいました。

今日は先発が八木。ローテの中で一番不安材料が多い八木ですが復活を期待したいところ。彼が働ければチームとしても大きいので好投を期待したいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1016-43819ed8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド