ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

糸井の緩慢送球が守備破綻の合図(4/12vsソフトバンク3回戦○)

ファイターズ 0 - 4 ホークス    

ニッカン式スコア


昨日が良いところだらけだったのに対し今日は良いところなし・・。まあそんなに甘くないですな。

今日は大隣の出来がよく、どっちにしても敗戦という結果は変わらなかったかもしれませんが、負け方としてはもっとましな負け方があったと思います。

すべては4回裏の守備がすべて。

小谷野のエラーは一番してほしくないところで軽率なプレーでエラーが出てしまい、マックのショートライナーをはじいた場面もせめて前にはじいてくれれば得点を許すことはなかったのではと思います。

しかし流れを変えたのは糸井の緩慢なプレーでしょう。
ノーアウト1塁でエンドランを決められライト前に打球が抜けます。一塁ランナーの3塁進塁は本多ということを考えると仕方ないところ。しかしその本多が糸井の緩慢な内野返球を見て一気に本塁突入を図ります。

マックがすぐ備えてくれたのでアウトは取り、結果オーライではありますが、シングルヒットで1塁ランナーが本塁突入を図られるというのはGグラブ常連としては恥ずかしいプレーと言わざるえません。

次の機会も悪送球で余計な進塁を許してしまい、直接失点につながりませんでしたが、今日は糸井のプレーで反撃の機運がそがれてしまいました。

これだけ相手に隙を見せれば勝てるわけありません。

ウルフは今日は気の毒でした。そのウルフも7イニング目になると去年同様しっかり崩れてしまいました。今年も6回戦ボーイとして考えなければいけないのかと思うと少々不安ですね。

このカードは負け越しですが2戦が一方のチームがぼろぼろ、もう1試合がこっちの先発が緊急降板というところでお互いのチーム力をこれで把握するのはちょっと難しいですね。でも今年も難敵であることは間違いないようです。

明日は斎藤VS田中 第2ラウンド。まだまだ田中の方が断然格上と思いますがどこまでやれるかは楽しみでもあります

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1024-9affcce2

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ファイターズ2017 (120)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん