ヒサシの不安を中田が全部持って行った(4/15VS楽天3回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/04/15(日)
ファイターズ 4× - 3 イーグルス    

ニッカン式スコア

中田がすべて持って行ってしまいました。

同点に追いつかれた直後のサヨナラホームラン。フルカウントから投げられたインコースのまっすぐをフルスイングした打球はファンの待つレフトスタンドへ。左で速球派の片山だったからスイングの始動が遅れ気味の中田にとってはボールの見どころが見やすいこともあったのですが、それにしても

ここで打つか?

好きな表現ではないけれどやっぱり持っているなあと思います。


試合は劇的な幕切れですが、9回表でしっかり終わってほしかった試合ではありました。

ヒサシが今季2本目の被弾を浴びて同点に追いつかれました。右打ちの得意なガルシアに外ばっかりではさすがに打たれてしまいます。右打ちが得意な右打者は外のボールをうまく当てるのがうまいから得意なわけです。しかも外国人打者は腕が長いので外に強い選手が多い。勝負球として外を使うのは構わないけど外だけではさすがにやられます。

しかしこの短期間で昨季被本塁打ゼロのヒサシが今季2本被弾していることが心配です。ヒサシが悪い時はまっすぐに勢いがなく長打を浴びる傾向があるので少々心配です。

さてこれからが試合を見ながら書きたいなと思っていたこと。それをヒサシと中田が変えやがって・・。(笑)

今日も積極的な攻撃でした。初回には2番にはいった岩館がエンドランをいきなり決めて同点につなげたり。ダイカンの奇襲ともいえる三盗をマックがしっかり返す、機動力を存分に生かした攻撃。

5回の得点も中田がランナーでバッタースレッジでエンドランを決め、とどめはダイカンでスクイズで追加点。この3連戦は相手は組し難しという印象を与えられたのではないでしょうか。

3回目の先発で真価が問われる吉川も勝ち投手の称号はヒサシが強奪しましたが一味違う内容で好投しました。
まっすぐで圧倒するピッチングではなかったけど追い込んだら変化球を低めに投げて打たせるピッチング。こういう投球ができれば安定してやってくれるんじゃないか、そう確信めいたものを感じました。

今日はマックが守備で盛り立てました。7回のショートゴロ、8回の中島の後方のフライも軽やかにさばいて吉川を打撃守備とも援護してくれました。

今年のマックはフットワークが軽いので守備範囲が広がったようにも感じます。

これで最初の一回りは9勝6敗とまずまずで終わりました。明日も試合がありますが、ケッペルの代役は多田野。ここでいいところをみせてくれると先発争いも激化するので非常に楽しみになりますがどうなるか。あの超スローボールを投げる展開になると劣勢なので見たくはないのですが、野球ファンの一人としては観たい気もしています。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1027-3ccba754
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド