良く粘ったけど主導権とれなかったことが痛かった(5/5VSオリックス8回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/05/05(土)
ファイターズ 4 - 5 バファローズ    

ニッカン式スコア

7回の3失点でズルズルいってもおかしくない試合でしたが平野を追いつめ同点まで行ったことは評価したいです。

でもここまでいったら負けたくはなかったですね。でも勝てたかというとそれは自信がありません。

一度も試合の主導権が握れなかったのが大きかったです
初回に大引の2ベースからあっさり先制される、無死1塁3ボールから打ってファールフライを打ち上げる4番、そして打撃の失敗を引きづり拙守する4番、無駄な四球で勝ち越し点を許すクローザー。そして犠牲フライをあげてくださいとばかり外角を要求するキャッチャー、これだけ続ければさすがに厳しいですね。


7回の反撃のきっかけは代打ホフパワーでした。1死1塁から代打で登場。オリックスは左のワンポイントで吉野をぶつけます。ホフパワーが苦手なタイプだけにとにかく甘い球が来たら振ってくれ、あとは四球でつないでくれればと思っていたら甘い球は仕留め損ねましたが四球を選んでくれました。そこでオリックスはセットアップの平野を7回途中から投入してきます。実はそれがファイターズにとってはチャンスになりました。

二岡は凡退しましたが糸井の打席のところでフォークがワンバウンドしてワイルドピッチで1点いただきます。これでキャッチャーはフォークを要求しづらくなり、攻めやすくなりました。

糸井のタイムリーで1点差、小谷野も凡退しましたがいい当たりでした。続く8回も賢介、中田の連打からチャンスをつくりスレッジのタイムリーで同点に追いつきました。

平野のデキがよければ7回から沈黙というパターンが予想されましたが、早めに出すことで攻略の機会が広がったことが同点までつながったと思います。その点でホフパワーの四球は大きかったと思います

今日の焦点はマサルの交代時期。確かに内容はよさそうだったので6回交代は早いという声が実況でもいっていましたが、今日は本人のコメント通り制球に苦しんでいました。あれだけ三振が多いということが逆に制球が定まっていないという証拠。

マサルはゴロピッチャーだから芯を外すことでアウトを取って行きます。そのために狙ったところに投げる制球が生命線になるのですが今日は変化球の切れが大きすぎたところもあり、三振が多かったと思います。

今日は1失点に抑えてはいましたがマサルワールドに相手を引きづりこめるところまでは行かなかった様に思います。

谷元が2試合続けて失点したところが不安ですが森内が差を詰めたところでテンポ良いピッチングで追撃ムードをあおってくれるナイスピッチ。最初はまっすぐの力不足を感じましたが最近ではルーキーらしからぬ落ち着きをマウンドで見せてくれます。リリーフ陣の救世主になってくれないかと期待です。

明日は吉川と木佐貫のリベンジマッチ。こういうケースはリベンジされるケースが多いのですが今日の粘りを見せてくれればいけるはず。なんとか連続カード負け越しは避けたいところです。

最後に


糸井、ヒット打ったら一塁ベースはしっかり踏もう(笑)



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1048-b0555b7f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド