乾とスレッジが勝負ところで頑張った(5/17VS阪神2回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/05/17(木)
ファイターズ 4 - 1 タイガース    

ニッカン式スコア


振り返ってみると相手の拙守、拙攻で自作自演のような気がしないでもないけど勝ちは勝ち。

勝因といえば踏ん張るところで踏ん張って、取るところで取れたことです


踏ん張ったのは乾。ウルフが2死満塁の大ピンチを残したあとのリリーフ。絶不調でも一発があるブラゼル。
一打同点という大ピンチでしたが得意のスライダーで三振。心臓の強さは去年から感じていたけど頼もしいですね。

「乾がでてくれば大丈夫といわれるピッチャーになりたい」

そう本人がお立ち台でいってましたがそんなピッチャーになりつつある今季の乾です。

取れるところでとってくれたのは代打のスレッジ。1アウト1,3塁でダイカンが真ん中を空振り三振と嫌な流れ。2点リードになったもののその2点で終わると流れ的には相手にいきかねない場面だっただけにこの3ベースで試合の主導権を完全に握ることができました。

打ったボールも決して甘いボールではありませんでしたし、この場面で研究熱心のスレッジが配球を読みきれたことが打てた要因のような気がします。

さて先発のウルフですが無失点だけにほめたいところですが降板の仕方がとても褒められません。雨足が強くなった6回裏のマウンド、明らかに雨を嫌がるウルフ。テレビで見ている方がイライラする態度ではいけません。4てんもらったんだから6回くらい投げてくれというきもちはもちろんありますが、そんな態度をマウンドで出していったい何の得になる!守ってる選手にも悪影響が出ることを少しは考えてほしいです。乾が抑えたらいいものの、後続のピッチャーに負担をかけてしまったことをもう少し理解してほしい、そう感じた今日のウルフでした。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1057-775883c8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド