ダイカンの野性が火をつけた(7/10ロッテ9回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/07/10(火)
ファイターズ 5 - 1 マリーンズ    

ニッカン式スコア

1か月ぶりくらいにスカッとした勝ち方でした。先制は許しましたがすぐに逆転、マサルも好投、終盤にはダメ押しといいところばかりが出たナイスゲームでした。


その流れを引き出したのはダイカンの野性でした。2アウト1,3塁の場面、外を2球続けられ追い込まれましたが、里崎のリードは外に目が行ってるだろうから意表をついてクロスファイヤーを選択、しかしダイカンはただひたすらインのみを待っていました。成瀬の投げたクロスファイヤーは決して失投ではありません。里崎のリードも決して間違っていません、むしろ里崎らしい強気なリード。しかしそれをダイカンの本能いや野性的な本能でインコースをとらえ同点タイムリー。

明らかに相手を上回ったダイカンの打撃、これは乗りますね

打たれた成瀬は明らかに動揺していました。ホフパワーを歩かせた後、ツルに勝ち越しタイムリーを浴びます。終わってみれば崩れたのはこの回だけですからいかにダイカンのタイムリーが成瀬の気持ちを折ったのかわかります


マサルも完ぺきではありませんでした。ボールも浮き気味な場面があり、ひやりとする場面もありました。マックの好守あり、そして中田の井口のあたりのスーパーキャッチ。清水コーチのはしゃぎ具合がどれだけのプレーか計り知れます。

そんな中でも8回途中まで1失点、角中で完全にぶった切ることができたのが大きかったですね。

そしてこの試合の最大のハイライトは8回の守りでした。1アウト1塁で左の根元に増井にスイッチ。
この回まではマサルに任せるべきだし、代えるなら左の宮西がセオリー、しかし増井を出したということはそれが監督の形を貫いた結果なのでしょう。作戦的には疑問ですが増井はここで踏ん張ります。

うるさい俊足岡田を牽制アウト、そして根元をフォークで三振。負の中心となっていた増井がこの大事なところでいい仕事、これでファイターズの形が戻ってきました

ダイカンの3ベースがダメ押しで出るんですからこれは強い戦い方、ヒサシも4点ありましたが三者凡退で切抜けました。この場面はランナーだしてもあまり恐れることはないのですが、今日の試合は3人で抑えてほしかったところを抑えてくれました。完璧な戦い方でここまで来たのだから最後もスキは見せたくなかった。相手のロッテに対してもそしてチームが本来の形を取り戻すためにも。


まずは大事な1勝を挙げました。勝ち越ししないと始まりませんので明日もしっかりとものにしたい。お互い継投勝負になりそうなので負けたくないですね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1101-e1f49363
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド