不思議な継投(7/27VSオリックス13回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/07/27(金)
ファイターズ 1 - 5 バファローズ    

ニッカン式スコア

ウルフはわかってるのかな、今日の試合の重要さを。

そう感じるようなダメダメピッチング。あれだけ先頭打者を簡単に出せばそれは勝てません。これで今日は終わりなんですが一つ疑問に残ったのが6回の継投でした。

6回に先頭にヒットを打たれた時点でスイッチ。これだけ悪けりゃ見切りをつけるのもわかります。しかしタイミングが疑問。3点をリードされていて相手の寺原の出来を考えるとこれ以上は失点できない。そう考えるのならイニング頭から変えるべきでした。てっきりウルフに最後まで投げさせてスタミナを測るのも面白いかなと意地悪なことを思っていましたがそういうわけでもなく中途半端な印象しか残りませんでした。

大引の2ランが致命的になりましたがこれが原因とは思えませんが打たれただけにどうも後味の悪い継投でした。

キャッチャー近藤にこの回からスイッチしたわけだから近藤とウルフが組んでどうなのかというのも見たかったところです。相性のいいはずの大野とも結果が出ていないですし近藤と組ませてどう出るか、ギャンブルではありますが見てみたかった。普通キャッチャーだけ変えるというのはあまりよくないといいますし、ここでイニング頭から矢貫でも。と思いました。 どっちにしても中途半端な継投でした

試合の趨勢が決まってからでしたが近藤がプロ初ヒットを含む2安打、そして西川のインコースをさばいた久々のヒットも見事でした。近藤は学生時代、セカンドの経験もあるだけに足もなかなか速そうです。

こうやって若手が頑張ってるのが見れるだけでも収穫でした。でも結果を出したらある程度は使ってほしい。昨日の試合ですがウグに代打ホフパワー、あれはよくない2打席連続と最高の結果を出したのだからこれで出し切ったと考えるのではなく、チャンスをあげて化けさせるきっかけを与えてもよかったのではないかと思います。それなりに点差もあったところでしたし代打ホフパワーが意味があるものか疑問ではありました。

明日も出番があれば西川、近藤にチャンスを上げたいですね。


最後に8回の稲葉の打席の2球目の判定、あれはボールでしょう。ストライクにとってくれたことでヨタヨタの平野を生き返らせました。今日の審判のストライクコースはちょっと変でした。言い訳になるので審判批判は嫌なのですが。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1116-eeb2249b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド