ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

終盤の先頭打者は重要(7/15VSオリックス15回戦●)

ファイターズ 6 - 7 バファローズ    

ニッカン式スコア

いい夢をみさせてもらったけど結局は負けてしまった、ちょっとがっくりする試合でしたね。

でも今日は序盤リードした場面はあったけど試合の主導権は握らせてはもらえなかったので結果としては仕方ないかなと思います。引きわけで終われば最高でしたが。


ヒサシはそろそろやられる頃でしょう。打たれるとクローザー交代とすぐいう方がいるけど昨日までで13試合13イニング無失点のクローザーなんですよ。過程はひやひやしますが。一回やられたからって変えてたら誰もいなくなりますよ。

それにしても今日は悪すぎ。先頭を無抵抗で歩かせちゃこうもなります。あそこまで制球が悪いとどうしようもなくなります。後藤の時はましになりましたが遅すぎましたね。

反対に9回の先頭の賢介の淡白なバッティングはがっかり。延長は難しい時間だったのでこの回がラストイニングの可能性が高かった攻撃。そこを初球で打ち上げてしまってはいけません。代わり端を狙ったのでしょうがこれでは相手を助けただけ。これはキャプテンがやってはいけない攻撃でしたね。


壊れかけた試合を修復してくれたウグ、ホフパワーはお見事。しかしレギュラー陣がほとんど打点に絡まないのは少し問題かもしれません。糸井、稲葉がポイントゲッターとして機能してくれれば助かるんですが。小谷野は下位に置いたほうがやっぱり機能することがはっきりしてきたので小谷野以外の2番もいろいろ試してみたほうがいいかもしれません。マックがほとんど打撃では期待できないので守備にリスクがあるものの今日の杉谷の2番ショートというのは面白い狙いではあったと思います
やっぱり先発がしっかりしないとやっぱり苦しい戦い方になるのが野球というスポーツ。ランナーが出ても粘れた以前のピッチングは最近は全くできず、これではどうでしょうか。ショックを与えないと彼は目覚めないのでしょうかねえ



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1118-be2957fc

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ファイターズ2017 (120)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん