なぜ優勝しちゃったのか?勝因分析

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/10/04(木)
先日予告した通り勝因分析です。

いろいろマスコミで分析してくれてるんですが監督の采配と急に持ち上げているのには笑っちゃいます。まあ監督が代わって采配がよくなったからといって勝てるほど甘くない戦いなんですがね。モチベーションアップには非常に長けた監督ではありますが。

あとリリーフ陣の奮闘。もちろんよく投げてくれましたがこれがストロングポイントかというとそうではありません。救援防御率が3点台、1位のソフトバンクとは実に1点近い差があります。反対に先発防御率がリーグトップ。

こう考えると

先発陣の奮闘が優勝に導いた

ということになります。

まあ、ダルがいなくなって先発が不安、救援に負担が大きくなるという話もありました。実際に救援の負担が大きくなり夏場崩れましたがそれでも大負けしなかったのは先発陣がしっかりゲームメークしてくれたから。吉川、ウルフ、マサルの3人はもちろん、八木、多田野、中村、谷元、斎藤と一時的でもしっかりとゲームを作り続けたことが連敗は少なく、月間でも大負けはない、爆発力はなくてもしっかりと上位に居続けることができたと思います。

梨田さんと栗山監督の大きな違いは若手起用でしょう。梨田さんはある程度の実力がないと起用しきれないところがありましたが(その代り認めると使い続ける)栗山監督は上げたらとにかく使ってみるというスタンスでした。選手の成長のタイミングもあるのではっきりといいきれませんが

使うということでチームに競争意識がついてきた

そうとらえています。梨田政権では競争というのがなかったように見えましたからそれは大きな変化でしょう。

吉川、中田は使い切りました。斎藤佑は期待に応えてくれませんでしたがこの二人をエース、4番として将来のチームの軸を作ったことが大きいですね。


チームの一大事といえる時期が2回ありました。一つはケッペルの離脱、もう一つは賢介の故障。監督もケッペルの離脱は大誤算であると認めていますがまずは多田野が埋め、そして谷元らも先発でゲームメークしました。斎藤祐が調子を落とすと中村がそれ以上の働きをしてくれました。

賢介の長期離脱は2年連続ですが去年はアナがぽっかり空きましたが今年は西川、杉谷、中島の3人で埋めました。賢介が海外に例えいってもなんとかやりくりはできる(穴を完全に埋めるとはさすがにいえない)ところまではきました。

誰かが抜ければ必ず誰かが埋める

それがファイターズのチーム力の高さです。その高さを梨田さんは完全には生かし切ることはできませんでしたが栗山監督は今年は生かし切ることができたことが大きいのでしょう。


新人獲得、育成に力をかけてきたチームだけに今季の優勝は関係者にとって会心でしょう。それに多くの若手に優勝経験をさせられたことが大きかった。長老二人が元気なうちにいろいろなものを継承できたんじゃないかと思います。

最後に解説者の方へ、難しいかもしれませんが順位を決めるのはチーム力。選手のプラスマイナスだけで順位がきまったら面白くないでしょ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1177-84e5cade
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド