シリーズ展望。眠らせたいのはあの男!!

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/10/26(金)
ドラフトが終わってすぐというのも切り替えが大変ですが日本シリーズ明日からです。

対戦相手は3年前と同じ巨人。といってもお互い選手が意外と変わっていますのでそう考えると新鮮な対決になるのかと思います。野球の世界は3年って大変な月日なんですね。

マスコミ的には巨人優位というでしょうがいいんです、結果が良ければ前評判なんて飾りです。

というわけで冷静に・・とはいかないかもしれませんが両チームの分析です。


まずは最多打点者がどれだけチームの得点をたたき出しているか、依存度が高いほうが崩しやすいチームと考える依存度分析。

中田(77打点/510得点 15.1%)VS阿部(104打点/534得点 19.5%)



阿部の依存度がかなり高めです。そう考えると阿部を封じると勝てます

といいたいところですが.340打っているバッターを眠らせるのは大変です。しかし希望は阿部がキャッチャーというポジションであるということ。

日本シリーズという特殊な舞台ではキャッチャーの一番の仕事はリードになります。古田がシリーズでは打てなかったり谷繁がポストシーズンでは全く打てなかったりするのは間違いなくリードに気を配って打撃まで力が残っていないからでしょう。

阿部はそこまで崩れることはないと思いますがやはり眠らせたいところ。そうなると初戦にまず先制して主導権を握りたい。相手を守勢にしてリードに専念させるような状態にすればしめたもの。とにかく主導権をとりたい第1戦になりそうです。

正直3年前と比べて相手の打線は怖さがないです。阿部が6番とか打っている打線のほうがやはり怖い。4番阿部を避けて高橋由、村田あたりと勝負する展開でもいいと思うし、特に村田はシリーズ初出場。逆シリーズ男にするには格好の相手と思います


ピッチャーは・・打てないですね。きっと(苦笑)どうやら杉内が3戦目以降に来そうなのでホールトンとかつての苦手がそろいます。内海や澤村は苦手意識がないのですがこの2人は嫌ですね。

うちの先発は吉川が第1戦、マサル、ウルフと続くと思いますが実は2戦目はウルフで言ったほうが面白いと思います。

今年は東京ドームが第1,2戦。ご存じのとおり狭い球場、しかも長打力がある相手ですから一発が怖い。そうなると慢性一発病のマサルより被本塁打が少ないウルフをぶつけてみるのも手かと思います。3戦目はどんな展開になっても重要なのでここでマサルを置くというのも面白いかなと思います。



正直、3年前よりは勝てる気がします。3年前は大エースがキャッチボール投法の状態でしたし、今回は選手は賢介以外は万全でしょう。

最初の東京での試合を最低1勝すること。特に初戦をとれるとシリーズの主導権を握れそうなのでまずは取りたいところ。

初戦は先制パンチで阿部を焦らせ、そのまま逃げ切り、阿部を迷わす。この展開に持ち込めればかなり楽ですがそんなに簡単にはいかないでしょうね・・。


でも最後にはうちの監督が胴上げされている気がします。たぶん東京ドームでと思いますが。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1194-59da3526
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド