稲葉を目覚めさしてくれた(10/30日本シリーズ第3戦○1勝2敗)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/10/31(水)
ファイターズ 7 - 3 ジャイアンツ    

ニッカン式スコア

2



今日は現地でした。実は私事ですが不敗神話を持っていまして実は生観戦11連勝中だったのです(消化試合1試合は除く)。今日勝ったのは私のおかげではないかと・・・。


嘘です。選手のおかげです。謙虚にならないといけないですね。今日のヒーローの稲葉や監督みたいに。間違ってもあさっても勝つ!!なんて叫んではいけないですね。短期決戦は火をつけてはいけないのが鉄則です。


今日はそんな意味では稲葉に火が付きましたね。巨人から見ると一番火をつけてはいけない人につけてしまったと思います。

糸井や中田、ダイカンはマークしていますが稲葉はそれほどでもないのか、確かに今季の戦い方を見ると最初に挙げた3人なんですが、チームが勢いづくのはやはり稲葉なんですよね。実際あの一発で空気ががらりと変わりました

マウンドのホールトンもその違いを感じ取ったのか、あの一発で明らかにおかしくなりました。ホフの四球で作ったチャンスをマックの激走でつかんだ2点目のタイムリー。もし1点だったらどうなってたかわかりませんでしたからこれでファイターズが優位に立てたともいます。

次の3回の3点はドームの空気がそのまま勢いになった感じでした。この序盤の5点差で今日は大丈夫でした。


ウルフは先制直後からおかしくなりましたがそれでも何とか粘ってくれました。勝負処でボウカー、長野を併殺に取れたことで大やけどは負わずに済みました。

特に阿部の当たりは足の状態が相当悪い阿部だからアウトになったプレーでした。相手には気の毒ですがファイターズにとってはラッキーでした

そのあとはバッテリーエラー2つで追加点をもらうというなんともいいがたい加点でしたが逃げ切りました。

今日のヒーローは稲葉と激走したマックの両ベテランですがもう一人上げるなら宮西を上げたいです。

ウルフが最後はなんとか抑えて2失点で交替。その直後の攻撃も相手の好プレー(村田、松本)で防がれ嫌な展開でしたこのあとリリーフの宮西がドタバタすると相手がさらに勢いづく嫌な展開でしたがここで断ち切りました

特に粘っていた村田をねじ伏せて内野フライに打ち取ったことが大きかったですね。

巨人も底力を感じるところはありましたがやはり水を差すようなミスをしてくれていること、自分の戦いができているファイターズ、少し狂いつつある巨人、まだまだ油断はできませんが反撃態勢は始まったといえるでしょう。


最後にシリーズだから審判はしっかり判定してほしいです。石井の内野安打、今浪のファーストゴロは明らかに不利な判定になりました。ひいき目かもしれませんがでもここで見ていたからたぶん見間違いではないと思います。

1

ジャンパイヤはいらないよ(怒)


さて明日は宮國vs中村。なんともフレッシュな戦いです。宮國がCS登板していたのに対し中村は登板なし。力関係では互角と思いますがこのブランクが中村にどうでるか。後半調子を落としていたのでこのブランクで復調していればと思います。

あとキャッチャーは大野で行くのか。この2戦大野の働きがいいのでできれば大野で行きたいところですが中村とのコンビはないはずですのでツルと組ませるのか。大野と組ませて中村が好投することがあると完全にシリーズのペースを握れそうです。

あと相手の要注意は松本。要所要所で働いているのでなんとか黙らせたいところではあります。


最後にB☆Bの試合前のキャッチボール。癒されてください(笑)

3

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1199-50f485b9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド