毎年恒例?激動のオフが始まった

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/11/05(月)
シリーズも終わりました途端ですからね。まあある意味オフの主役ですからね。取られる方の(汗)

ということでまずはコーチが退任されるといことです。


コーチ退団のお知らせ(球団公式)

北海道日本ハムファイターズでは本日11月4日(日)、福良淳一ヘッドコーチ(52)、吉井理人投手コーチ(47)、清水雅治外野守備走塁コーチ(48)の退団が決まりましたので、お知らせいたします。



福良さんと清水さんはオリックス、ロッテに移籍することが以前から言われてましたし、吉井コーチもブログで監督とうまくいってない雰囲気は醸し出してましたのでさほど驚きはありません。

芝草コーチも人事異動するらしいのでどうなるのか?栗山人脈で誰か連れてくるという話もありますが監督自体がそのやり方を否定しているようなところもありますから球団主導となるでしょう。

現在留任するのは中嶋兼任コーチと三木コーチ。中嶋さん、まだ現役やるの?そろそろコーチ専任にしなよという感じです。それとも兼任がコーチをする条件なのか。こうなるとあぶさんの年齢を超えるのを目指しているのか?


コーチが変わることに関して不安がる方もいますが僕は楽観視しています。梨田さん時代に就任された方ですので5年間いらしたわけですが、コーチが変わらないとやはり埋もれてしまう選手もいるのではと思います。3人とも優秀なコーチではありますが、そろそろ目線を変える時期そう考えるのがいいかもしれません。


しかし吉井さん、「監督との関係がうまくいかなかった」と話すかなあ。らしいといえばらしいけど。吉井さんは道内で解説してくれれば面白いハナシが聞けて楽しいかなと思います。



続いては去る選手のハナシ


木田選手退団のお知らせ(球団公式)

「本日11月4日(日)、北海道日本ハムファイターズ木田優夫選手(44)の退団が決まりましたので、お知らせいたします。

木田選手コメント
来年はファイターズと契約しないことが決まりました。ファンの皆さんには3年間いつも温かく応援していただき感謝しています。ここ2年は1軍登板も少なく、チームの力になれず残念です。合同トライアウトを受けてもう一度挑戦したいと思っていますので、これからも応援を宜しくお願いいたします」



来季契約について(球団公式)

北海道日本ハムファイターズは本日11月4日(日)、金森敬之選手(27)に対し来季の契約を結ばないことを通達しましたので、お知らせいたします。




木田はコーチのはなしを断り現役続行希望。中嶋もそうだけど引き際間違えていません?という感じです。そろそろ教える立場であることを自覚してほしいなあ。教えたくても教える機会のないOBもたくさんいると思うしいい話と思うんですよね。

金森は今年手術して来年まで様子見と思いましたが切られました。よっぽど回復具合が悪いのか。ちょっと意外でした。

今度は来年もよろしくねというハナシ

ウルフ、ホフパワー両選手との契約合意について(球団公式)

北海道日本ハムファイターズは本日11月5日(月)、ブライアン・ウルフ、マイカ・ホフパワー両選手と2013年シーズンの契約が合意に達しましたので、お知らせいたします。また、ターメル・スレッジ選手の退団が決定したことも、合わせてお知らせいたします。

ウルフ選手コメント

「3シーズンに渡ってファイターズでプレーをし、球団、北海道、そしてファンの皆様への愛着が揺るぎないものとなりました。家族共々、またここへ帰って来られることを大変喜んでいます。北海道、そして全国の野球ファンの皆様の前で常にベストパフォーマンスをお見せし、来シーズンこそは日本シリーズを制覇できるよう、米国に戻ってからもしっかりと準備を進めます」

ホフパワー選手コメント

「2013年もファイターズの一員として、ファンの皆様、愛すべきチームメイトと共に戦えることを嬉しく思います。今年はペナントレースを勝ち抜くことができたものの、日本シリーズで本当に悔しい思いをしました。来シーズンは、必ずや日本一への思い遂げるべく、自分の持てる力を全てを出し切る覚悟です。応援のほどよろしくお願いいたします」



ウルフの後半戦の働きは素晴らしかったし、そしてホフパワーも期待をいい意味で裏切る働きでした。来季もよろしくお願いします。特にホフパワーはさらなる飛躍をしてくれると本当に助かります。

最後にFA戦線意外に早い決着でした。

武田久選手が国内FA権を行使せず、残留を表明(球団公式)

今シーズン途中に国内フリーエージェント権を取得した北海道日本ハムファイターズの武田久選手が本日11月5日(月)、札幌・豊平区の球団事務所を訪れ、球団に対してFA権を行使せず残留する意思を伝えました。記者会見に応じた武田久選手は「ファイターズに育ててもらって今の自分があり、正直他球団のユニフォームを着るイメージが沸きませんでした。来年以降もファイターズでプレーできる喜びと、またやってやろうという気持ちがあります」と語りました。


本人から意向を伝えられた島田利正球団代表は、複数年契約を提示したことについて「セットアッパーをやっていた時から彼の存在は大きかった。抑えになってからの評価ではないですし、ファイターズで長くプレーしてもらいたいと考えて」と説明しました。.

11月中に契約更改交渉が行われる予定で「来年以降もファイターズがずっと強いチームであり続けるために、少しでも力になりたいと思っています」と早くも新たなシーズンに気持ちを向けていました。シーズン序盤に痛めた右膝の状態についても「今は痛みがなく、ケアというよりもう一度しっかり(体を)作り直したい」と語った守護神。パ・リーグでは1992~94年の赤堀元之選手(元近鉄バファローズ)以来となる3年連続最多セーブのタイトル獲得へ、ファイターズの背番号21がさらなる高みを見据えます。



他球団のユニフォームを着るイメージが沸かなかった。その一言に


全北海道中が泣いた(ハリウッド映画CM風で)

ほっとしています。僕も移籍するイメージが全くなかったのですがマスコミがうるさかったんでもしやと思いましたが大丈夫でした。

実力もそうですがやはりブルペンリーダーのヒサシがいないと一番の強みであるリリーフ陣が崩壊する危険性もあっただけによかったです。来季も心身共にブルペンリーダーとして頑張ってほしいです。


まだ書きたいネタはありますが人事関連で決定事項はこれだけなのでこのへんで。






にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1206-44eeb2ee
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド