賢介、旅立ちの時

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/11/06(火)
個人的にはそう思ってはいましたがやはり行くんですね・・。

田中賢選手が海外FA権行使を表明(球団公式)

北海道日本ハムファイターズの田中賢介選手が本日11月6日(火)、海外フリーエージェント権の行使を宣言しましたので、お知らせいたします。球団は個人の意思を尊重し、野球協約フリーエージェント規約に基づく申請手続きを取りました

田中賢介選手コメント

「ファンの皆様には13年間、いい時も悪い時も応援していただき、お陰でここまで成長することが出来ました。心より感謝申し上げます。違う環境、文化の中に身を置きながらプレーしてみたいという思いが年々強まり、今年は怪我もありましたが、どんな形でも向こうに行くという決心が揺らぐことはありませんでした。僕の中では北海道から巣立つという感覚があり、ファイターズの選手が世界に通用するところを見せられたらと思っています。パワーでは劣りますが、日本の細かい野球だったり、ファイターズで徹してきた、勝つために何が必要か考えながらプレーしてきた辺りをアピールしたいです。球団には有り難いまでに引き止めてもらい、最後は僕の気持ちを尊重していい形で送り出してくれました。本当にこのチームが大好きです」

津田敏一代表取締役社長コメント

「田中賢介選手は試合中の全力プレーはもちろんのこと、グラウンドを離れてもチームやファンの皆様のことを考えて行動できる鑑のような選手で、功績の大きさは改めて申し上げるまでもありません。この先もファイターズの中心として活躍し続けることを期待しておりましたが、考えに考え抜いて出した結論を妨げるべきではないと判断し、長年の夢がかなうよう後押しすることを決めました。ファンの皆様は驚かれていることと存じますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます」




賢介の涙に全北海道が泣いた(←またそれか)



本音を言います。

今のタイミングで飛び立つのは非常に危険だし、難しいと思います。原因は故障。獲る側からすればリスクを考えますしはたしていい契約ができるか、そう考えてしまいます。

あとアメリカの方が見てはたして賢介の良さを本当に理解できるのか?本人が言うとおり判断力やチームプレーが彼の武器と僕も思いますが、アメリカ野球では縁が薄いものではないかと危惧しています。

元ツインズの西岡が足を削られ終わったように体の強さで対応できるのか?強さを補うものが賢介にあるのか?ネガティブに考えると本当にマイナス材料は尽きないというのが現実です。

野手での成功者が本当に少ないですからそう考えもします。しかしセカンドなら驚異的な肩の強さもそれほど必要ないですしそこで本来の守備力が出てくれば守りの面から信頼を勝ち取ることができればと思います。


正直残ってほしい、ある意味ファイターズらしい選手だからなおそう思います。でも4年前から考えていたとならばよく4年間、その思いを抱えプレーしてくれた、そうとも感じます。

FAは選手が頑張ってきたからこそ獲得できる権利、本人が考えて決断したことだからそこは辛いけど尊重してあげないといけないでしょう。

厳しいからってやる前にあきらめるよりもやってみないと先に進めない、賢介もそう感じていたかもしれません。

マイナーでもいい、減俸でも構わない。そんなことも別記事で書かれてました。とにかくとことんやれるところまでやって来てほしい、そして北海道に帰ってこれるとは思わないでやってほしい。あっちで骨をうずめる気持ちでやりきってほしい、そう思います。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1208-e729b6e1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド