選手別回顧2012【8】金子誠

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/12/09(日)
全試合出場してほしい

栗山監督が就任したとき、稲葉とともにこういわれたそうです。現実的には厳しいと思っていましたがマックはその言葉を意気に感じたのか春先は十分に守備だけでなく打撃でも活躍しました。世代交代が叫ばれる中である意味旧体制?の象徴のような彼ですが超えられそうで越えられない壁になっているのが、それが金子誠という存在なのでしょう

外れてわかる彼の偉大さ

いるときはあまり感じないのですがチームから離脱して初めてわかるのが彼の偉大さ。5月上旬に左足を痛め戦線離脱。しかし穴を埋めるべき選手たちに物足りなさを感じるのは毎年恒例。ほかの選手だとマックなら捕れていたのでは?という仮定がいつも出てしまうほどやはりショートに彼がいるのといないのでは大違いなのでしょう

それでも限界は近づいている・・。

復帰後は打撃が精彩を欠きました。7月にはなんとヒット1本。さすがにマックは無理ではと感じました。それでも終盤に持ち直してくれて要所要所で好守備を見せてくれたのはさすがですが7回から守備固めを送られる状況、そしておいしいところだけは打つバッティングもおいしいところでも打てなくなってきたこと、下半身の故障が守備だけでなく打撃にも影響してきているのかもしれません。

意地を見せたシリーズでの激走

シリーズ3戦目の2点目のタイムリーの激走、これをベストゲームに挙げてみます。稲葉先制HRのあとの貴重なタイムリー。あたりはしょぼいのですが痛い足を顧みずの激走、その後足を気にする場面がありましたがその後もプレーし続けました。あまり気持ちを出さないマックが気持ちを前面に出したプレー。これが劣勢だったシリーズの流れを変える要因になったと思います。

ポジショニング、そして強肩はいまだ健在ですがやはり年の波には逆らえない状況にはなってきています。オフには手術をして開幕は微妙、いつまで若手の壁として君臨するのか、いつまでも見たいけどチームのためにはそろそろという気持ちも持っていますのでなかなか複雑な感情で毎年見守っている選手でもあります。

【今季成績】

打率.227   103 試合  277 打数  63 安打   0 本塁打  22 打点   

1盗塁   17犠打    長打率.292   出塁率.265   失策6   



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1230-e8fe35f2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド