ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

選手別回顧2012【23】二岡智宏

神様になった年

切り札から神様になった二岡の代打稼業でした。もっとも神様といっても大事に扱われて温存されているわけでなく開幕当初は6試合連続代打で出場、代打で全試合出場狙わすんじゃないかと思わせるくらいよく使われ、そして毎回結果を出し続けました。最終的には代打率は3割を割ってしまいましたが2割5分を超えれば合格といわれる代打では十分すぎるほどの成績でした。

振り返ると殊勲打が4と印象よりは少なめ。むしろ勝負を決定づける場面やチャンスメークで起用されるケースが多かったのかもしれません。振り返ると二岡で決めた試合というと思いだせず、二岡は代打でよく打ったという印象のほうが強いです。チャンスに弱い打者ではないし、むしろ相手に避けられたということなのかもしれません。


足の具合

二岡といえばやはり足の具合です。フェンス直撃のあたりで外野手もそれほどフェンスに張り付いていない状態なのに、2塁に走る構えを見せるどころか一塁到達がやっと。こんな状態でよく打てるなと感心しますが下半身にここまで不安を抱えているとどうしても起用方法が限られてきます。せめてDHでスタメン張れるくらいには復調してほしいです。スタメンは11試合だけですが打率は4割オーバー。スタメンで二岡の打撃を活かしてくれればチームも楽にたたけると思います。

CSで決勝打

第1戦の決勝タイムリーが一番印象に残っていますね。打ったことよりもあのはしゃぎよう。巨人時代から打って無表情な二岡があそこまで笑うなんて。あとで反省していたのが笑えますが二岡もすっかりファイターズの一員なんだなと感じさせる場面でした。

来季は一打席でも多く走れるように、そうしてくれれば結果を出せてくれると思います。

【今季成績】

打率 .353  65 試合  85 打数  30 安打    2 本塁打  14 打点   

盗塁 0  犠打 0   長打率.435   出塁率.404   失策 0  



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1247-fd41d96d

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ファイターズ2017 (120)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん