プレシーズン開幕直前大予想!!②リリーフ&捕手編

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/01/29(火)
今回はリリーフと捕手編です。

まずはリリーフから。


まずは去年終盤に主にベンチ入りしていた選手は以下の選手

武田久 増井 宮西 石井 森内 モルケン 矢貫

このなかでヒサシ、増井、宮西の勝ちパターン投手の3人、そして宮西に代わって終セットアップを務めた石井も当確でしょう。リリーフは7枠としてあと3人です。

森内は50試合登板をしていますが終盤が打ちこまれているのが気がかり。リリーフとしての決め球がないタイプなので大事な場面は任せづらいタイプ。モルケンはテスト生入団次第で外国人枠の関係であふれる可能性もあります。矢貫は安定性ではもう一つ。

谷元は先発の可能性が高いような気もしますがロングリリーフ要員として置いておきたいです。試合をつくるほうが合うという吉井前コーチの評価、リリーフ経験もありますので面白いのではと思います。

あとはルーキー。サイド河野が使えれば面白そう。あとは先発であげた新垣がリリーフ適性があればこちらで食い込んでくる可能性があると思います。

あと左3枚置く可能性は少なそうですが乾も当然圏内。先発特訓もしていたことがあるので今季は先発候補かもしれませんが石井がシーズン通して働いたことがないだけに備えにしておきたい選手です。

榊原をここで名前を挙げられないのがつらいところ。復調できれば当然このなかに入ってくるのですが。

去年の課題であったセットアップ、クローザー以外の人材が手薄になっていることがこう見ると浮き彫りになっているかなと思います。新星登場に期待したいですがちょっと今のところは該当者が見つからないですね。



捕手は無風でしょう。

鶴岡、大野のこの2人で決まり。あとは近藤を一軍枠に入れるかどうかでしょう。昨季前半は捕手2人制でしたし近藤はやはり場数を踏ませたいところ。試合を捨てても近藤を育てる覚悟があれば別ですがまだそこまでには至ってないと思います。

あとは大野が意地を見せるか。ツルが正捕手争いで大きくリードしただけに大野がどこまで挽回できるかその点が開幕までの注目ですね。

次回は今回とは違う意味で書くのに困る内野手編です。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1294-86514d27
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド