吉川と増井

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/02/26(火)
吉川も増井も今のところ順調ですね。

吉川 3回1安打無失点 昨季MVP、上々の初登板(スポニチ)

昨季のパ・リーグMVPに輝いた日本ハム・吉川が、広島との練習試合に先発し、3回を1安打無失点。実戦初登板は上々の滑り出しとなった。

 痛めていた左肘への不安も「特になかった」と言い、キャンプ序盤に比べれば球の力強さも少しずつ出てきている。今後は「いい状態に戻ってくるかという不安の中での戦いになる」と、残り1カ月でどれだけ仕上げられるかがテーマとなる。


心配していた吉川が復調してきました。球速は148キロをマークしていたといいますし、球威もかなりも戻ってきた様子。ひじの影響で腕を振ることを怖がりもとに戻ってしまうのでは?という心配がありましたがなんとかなりそうです。あとは痛みが再発しないことを願うばかり。

投手ではカギを握るのは間違いなく彼でしたのでホッとしています。

増井151キロもカーブに課題(ニッカン)
 

日本ハムの中継ぎエース、増井浩俊投手(28)が26日、広島との練習試合(名護)に登板した。9回の1イニングを1安打無失点に抑えた。

 最後の打者、広島堂林を二ゴロに打ち取った直球は151キロをマーク。危なげない投球だったが、本人は2球試したカーブに課題を感じていた。「カーブは、どこでも使える球にしたいのですが、今日はカウントを取りにいく球をヒットにされた」。2死から広島鈴木将に初球の115キロのカーブを左前に運ばれた。不用意な1球だったことを反省し「使い方を考えていきたい」と話した。



去年大車輪の働きの増井ですがこちらも順調に来ています。カーブを使えるようにしたいようですがまっすぐとフォークでは調子の良し悪しで内容ががらりと変わってきます。昨季もバテた終盤には打ちこまれましたし、それを防ぐには悪いなりのピッチング。勝負球ではなくカウントを獲る球としてカーブを試していると思うのですが今はどんどん試すべきでしょう。今季も昨季同様酷使されると思うのでそれに耐えるにはやはり一度の登板の疲労を少なくすること。楽して抑えるとは表現が悪いのですが、勝負ところだけ100%の力を出せるピッチングができれば理想ですね。

宮西もまずは順調に来ているようですし投手陣は今のところ心配はケッペルくらいですね。あと新しい名前が聞こえないことが一番心配だったりしますが・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1302-38df4da5
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド