決勝の地にたどりつけず

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/03/18(月)
ベスト4で終わってしまいましたね。

個人的な戦前の予想はアメリカまでいけないと思っていたのでそれを考えるとよくやったといえるのかもしれません。

参加も決まらない、監督も決まらない、代表もなかなか決まらないという状況から考えると上出来かの知れないですね。


しかしチームとしてのまとまりはやはり欠けていたんじゃないかと思いますね内川のあの走塁が非難されるでしょうが、走塁に関しての指示があいまいというのが最大の問題点でしょう。

台湾戦の鳥谷の盗塁が称えられましたが、あれはセオリー無視の個人的判断。今回も指示なしですから選手任せといえば言葉はいいですが無責任といっていいレベルです

投手リレーも打たれてから小刻みにつなぎはじめるあわてぶり、試合の流れを全く読めずすべてが後手後手だったように気がします。

能見もアップアップでしたからあの回初めから変えても良かったと思いますし打線のつながりの悪さを考えると一点もやれない場面だったと思うのにのんびりしていましたね。ベンチは・・。

この試合は内川の走塁でジエンドでしたが、5回の稲葉の三振で非常に流れを悪くしたと思います。替わったピッチャーがまったくストライクが入らないのにすべてボール球に手を出して簡単に三振。あれでプエルトリコは行けると思ったんじゃないかと思います。

稲葉がこういう三振をするときってチーム状態が悪い時なんですよね。自分が何とかしなくてはと思い焦ってボールに手を出してしまう。ああ、チーム状態悪いんだねと感じた試合でした。

この試合の差はキャッチャーの差。モリーナのインサイドワークは見事でした。阿部よりこの試合は上でしたね。メジャーのキャッチャーって印象が強くなかったのですがこういうキャッチャーがいると知っただけでも面白い試合でした。

選手たちによくやった、お疲れ様でしたというのはたやすいかもしれませんが、目標達成できなかったのだからその言葉は胸にしまっておくべきだと思います。この悔しさを次の国際大会、いえ目の前のペナントで個々でぶつけてほしいです。

しかし、井端をDH固定で使いつづけたり鳥谷をセカンドで起用したり、リリーフ専門が少なかったりまあ不思議な采配でした。これで勝てるほどWBCは甘くなかったということでしょうね。

P.S明日のもう一試合の準決勝は生中継するようですが決勝は今のところ録画放送、テレ朝何考えてるんだか(怒)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1316-b3cc737a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド