稲葉は本番モード、バッテリーはまだオープン戦モード?

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/03/23(土)
ファイターズ 1 - 2 スワローズ    

ニッカン式スコア

オープン戦もあと2試合。こうなると公式戦を意識した戦い、予行練習になってきます。勝ちたいけど選手が機能するかの最終チェックにもなってきます。対戦相手のヤクルトはDHを外して本番オーダーに近い体制を整ってきました。

稲葉、中田も合流。ファイターズのオーダーも見えてきました。中軸は小谷野、中田、稲葉、そのあとに外国人のどちらか、2番は杉谷か西川でしょうね。 7番は大谷が入りましたがここは流動的になるような気がします。大引は9番。2番打たせたほうがいろいろできそうですが監督はスラッガーとみているそうなので2番に置くことはないそうです。


試合としては稲葉がチームに喝を入れるかのごとくハッスルしました。スライディングキャッチ、一塁から本塁へのランニング、そして2本のヒット。一人WBCモードのような気がしますがベテランが一番目立つようではやはり問題かもしれません。若い選手頑張れというところですね。

中田も1安打と内容も問題なし。あとは開幕で早く1本出ることですね。出ないと悩んで悩んで青函トンネルクラスのトンネルに潜り込んでしまうので何でもいいから出てほしい、状態は悪くないから一本出ると大丈夫とは思いますが。


ウルフは心配なし。そのあとの継投が興味ありました。6回から先発争いの森内を起用。右打者2人を抑えると今度は左のワンポイントで乾。しかし2安打1四球でワンポイントどころか大劇場演出で河野に交替。河野は制球がアバウトながらも押し切ってピンチ脱出、何とかゼロで切り抜けました。

まずは森内投入。これはリリーフにもどすことを考えているでしょう。宮西が開幕絶望ということで一時的でも森内をリリーフに添える形かもしれません先発でいってほしいですけどね。

乾はこれでは監督も頭が痛いでしょう。スライダーが甘く入り打たれ、まっすぐをライト前に持っていかれて最後にストレートの四球では大事なところでは任せられないです。左が石井1人になってもいいから乾は下で頭を冷やしてもらいたいとこです。

その石井も失点の場面は要反省でしょうね。2アウトから四球を出しバッターはミレッジ。初球を簡単にストライクを投げタイムリー2ベースを打たれました。外国人は初球から振ってくるのが一般的。ツルも含めて危機感が足りなかったですね。今日の試合、これが決勝点になりましたのでビビることはないのですが危機管理はしっかり持って投げてほしいですね。


オープン戦でよかったですよ、本当に。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1321-05609d36
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド