沈黙の開幕2戦目(3/30VS西武2回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/03/30(土)
ファイターズ 2 - 4 ライオンズ    

ニッカン式スコア

当たっていたのは大引と小谷野とそしてウルフへのピッチャー返しという笑えない試合でした。

昨年から苦手だった菊池でしたが今季も苦しみそうです。制球がアバウトなパワーピッチャーにはどうしても力負けするバッターが多いのでしょうか。小谷野と大引が打てたのは決して力勝負はせずにコンパクトに右、センター返しの意識があったからとらえられたと思います。力でなく技で打った計7安打。スタメンではあとは中田の相手の実質エラーの一本だけではお寒い限りです。

オープン戦で好調だったウルフですが負けはしましたが内容は悪くありませんでした。粘り強く投げて6回2失点ですから先発としては十分な仕事。秋山のHRが痛かったのですがこれは相手が上。ファールを打たせようとしたボールをうまく相手に捌かれてしまった印象です。それにしても1試合で3度も当たったのであとで打撲とかなければいいと思います。マサルも怪我が軽くはなかったのでウルフへの期待がどうしても高くなりますのでまずは次の試合をしっかりとゲームを作ってほしいです。

そのウルフを大野がたびたび肩で救いましたね。2回のヘルマンの盗塁はショートバウンドを抑えての送球が素早いモーションでしたし、5回の1アウト3塁では三振後。ランナーの浅村の飛び出しを見逃さずけん制アウト。5回の場面では3塁ランナーのほうばかり見ていましたので隙あれば狙っていたのでしょう。

しかし浅村の攻め方は要反省ですね。ミスター早打ち浅村に簡単にファーストストライクを取りに行き過ぎ、2打点2安打といい場面でやられました。初球カーブで打ち気をそらせられなかったのかなと感じました。


最終回の2点は良く返したというのか、何と言っていいか・・。相手ながらあの打球は捕りなさいよ。(苦笑)。中田も2塁へ走らないんだもんね。これはいけませんノムさんならベンチで直立不動で説教でしょう。

こう考えるとモルケンが壊したのが一番痛かったですね。こんな内容じゃ敗戦処理くらいしか出番がないでしょう。

今日の中継は面白かったですね。関東圏の試合ということで古田が解説に加わりました。インサイドワークの件、中田の打撃フォームの件から黒木コーチのボディビルの話題まで(笑)。どうしてもローカル放送だと難しいですが中立的な見方をする解説者がいると非常に勉強になります。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1326-a200fa78
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド