ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

今日は内野守備でぶち壊し(5/1VS楽天4回戦●)

ファイターズ 1 - 4 イーグルス    

ニッカン式スコア


せっかくのエース対決を味方守備で壊されるとは思いませんでした。

均衡した試合を壊すのは長打とエラーが常套句ですがまさしくそんな試合。併殺コースをはじいて1つもアウトをとピンチ拡大させてしまった西川、そしてダメ押しエラーになった大引、失点の場面ではなかったけど2度危ない守備をしたホフパワー。内野がこうも足を引っ張っては吉川が気の毒

エースだからこんな時こそといわれるかもしれませんがここまで続くともう投手のせいではありません。これは守備のせいで負けた、そう断言していい試合になりました。寒いから、雨だから、ビジターだから言い訳の材料は多くありそうですが相手もホームであること以外は同じ条件。人工芝ですから言い訳はたちません。

うちはミスをすると連鎖的にやらかしますね。メンタル的に問題ありますね。こう考えると内野のリーダーがいないような気がします。大引は移籍直後、若手の西川を引っ張る存在に小谷野がなってほしいのですが。マックのやっていたことを小谷野がしっかりと締めてもらいたいものです。


ホフパワーは何なんでしょうか。今日は同じような内容で4三振。そして守備で精彩を欠く。この人は打てなくなると守備にも影響がでることがあるんですよね。今日の内容なら尾崎あたりにチャンスを与えることも必要でしょう。6番があれでは打線もつながらなくなりますね。

一方外野の守備はよかったですね。中田もフェンスぎりぎりの打球で2塁ランナーを3塁に進塁させませんでしたし谷口はバックホームでアウト。>シングルヒットでは2塁ランナーをホームに帰れないこと、相手は十分すぎるほど知らしめたのではないのでしょうか。これが数少ない収穫で合ったのではと思います。


明日は木佐貫VS上園。この組み合わせなら勝ちたいところ。木佐貫も打たせて取るタイプなので今日のような守備の乱れは勘弁したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1357-8362e205

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ファイターズ2017 (120)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん