一つの勝ちだけでは好転しない(5/18VSDeNA2回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/05/18(土)
ファイターズ 4 - 8  ベイスターズ   

ニッカン式スコア

内容はともかく勝ったことで変わってくれればという期待をした今日の試合、途中まではうちのペースでしたがミスで流れを手放しひっくり返される、ダメージの残る試合でした。昨日はベイさんがダメージの残る負け方で今日はうち。無意味に両チームで疲弊しているような気がしてなりません。

アブの先制2ランは藤井の配球ミスでしたがしっかりととらえ、杉谷のタイムリーは約1か月ぶりのヒット、ダイカンも軽いスイングで飛距離を伸ばす勝ち越しHRと先制し追いつかれても突き放す攻撃はいい感じでした。

でもやはり6回のマックのエラーですべて流れが変わってしまいました

大きな追加点をとった直後のイニングで先頭打者、そして怖い怖いブランコに回ってくるイニングでエラーされちゃやはりやられます。ブランコには魅入られたように初球に真ん中の変化球、失投をブランコは見逃さず特大の同点3ランでファイターズペースを一気に吹き飛ばされます

谷元も2回以外はしっかりと踏ん張っていたのに6回の失点の仕方はあまりにもがっかりする内容。谷元はランナーが出るとどうも落ち着かなくなるのか粘りという面では大いに不満があります。それが去年から試合を作っている割に勝ち星が少ないということなんでしょう。

勝ち越し直後の8回、石井を投入するがこれが大誤算。石井もかなりの登板数になっているので悪いこともあるのでそれは仕方ないのですが、交替するのがあまりにも後手。勝ち越しされてからもしばらく投げさせていましたし、継投のタイミングとしては不可解。

石井というと手は悪い時は悪いなりのピッチングができないピッチャー。調子の波が安定しているほうなので不調でマウンドに上がることは少ないので、毎度毎度炎上ということは今のところないのですが、埠頭の時は止められません。今日の内容なら早く見切ることができたんじゃないのと思います。早めの継投なら多村を歩かせて満塁にしたところでスイッチできたし、石井と心中するならこの1イニング任せるくらいのことをしても良かったと思います。結果的に中途半端に感じる継投になってしまったのは残念です

今日負けるパターンとしては谷元が試合を作れずという展開を予想してましたが、中盤まで試合を作ってくれました。しかし一つのエラーで簡単に転げ落ちるのが今のウチ。これが今のチーム力ととらえるしかないでしょう。

まあ、チーム力は試合であげていくしかない。今日は長打ばかりの4点でしたがこれで巨人の投手陣を打てるのか、今度の巨人は左腕2枚でしょうが今日の同じように右並べました打線では芸がない。こうやって戦うといった姿勢が見える打線を組んでほしいです。監督の意図が伝われば打線はもっとつながるから、好調の選手が多い割に点がとれていないのでまずは相手のミスに頼らず自力で点をとれる打線を構築するのも面白いかもしれません。

さあ次の巨人戦、当たる投手を考えると難儀ですが食らいついていきたいところです。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1373-cc76c92c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド