奇襲代打ホフパワーの一発(6/26VSソフトバンク8回戦〇)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/06/26(水)
ファイターズ 6 - 5 ホークス    

ニッカン式スコア

「今日のヒーローは僕じゃありません、みんなです」

新庄がもしいたらこう言いそうなくらい際立ったヒーローがいない試合でした。まあヒサシではないわな(笑)。最後がまああんな形ですからそうなるのですがやはり試合のポイントは8回の攻撃でした。

そうホフパワーの2ランです

2アウトからダイカンが四球を選び大引の打席で二盗後、途中からホフパワー。正直これはどうなの?と思いました。いわゆる当たる確率がてんで低い長距離砲のホフをなぜシングルでいいこの場面、しかも打席途中で?と疑問しか残りませんでした。しかし昨日のツルの代打という奇策がはまっていたので今日も監督のカンに期待するしかと思っていたらこれだもの。まあびっくりしました。

昨日書きそびれましたが村田の盗塁成功が一番の勝因だと思います。それは試合を動かしたいところで盗塁を成功させたから。この場面もダイカンが盗塁したことでこう着状態になりそうな試合を強引に動かしに来ました

そこで動きをどうするか?という場面で代打ホフ。実際には監督のカン大当たり!!というだけかもしれませんがここでこの代打があたった原因を考えてみます。

①なぜ代打ホフなのか?

岩嵜はこの日外にボールが集まっています。インコースを投げづらい状態だったのかそれとも投げられないのかわかりませんが外の甘いところにボールが来る可能性が高くここしかポイントがないホフならうってつけのピッチャーだったからと思います。


②それならなぜ二盗後の代打なのか。

1塁だとどうしてもホフ自体が長打を欲しがり大振りになりボールに当たる確率がさらに低くなります。2塁に進んだことでシングルでもいいという場面をつくりホフが大振りしなくていい状況をつくり打席に立たせたかったでしょうボールカウント1-1なら途中でも入りやすいこともあったのでしょう。
あとは東京ドームという舞台。ホフのパワーなら軽く振ってもスタンドインになる可能性は多少考えていると思います

そんな場面構成がホフの一発を生みました。楽天戦のグランドスラム連発から大型扇風機を地でいっていましたのでこの一発で替わってくれれば。来日当初は中距離打者って言ってませんでしたっけ。それを思い出してくれれば少しは変わってくれるかなと淡い期待をしておきます。


ホフのことでずいぶん書きましたので先発大谷のことを。今日はカーブをずいぶん有効的に使いました。今まではただボールが速いという投手でしたがこれで緩急を使うというピッチングができ、ようやくプロの投手としての投球術ができ始めてきました。マエケンと打者で対峙した時にカーブの有効性を感じて練習したそうですが打者として本気でプロの投手と対戦しているわけですから学べることもほかの選手よりも多いですよね。二刀流の真の目的が実はこれだったと考えると恐ろしい計画ですがありえそう。

さて明日は移動日。ホームに帰って苦手西武3連戦。サンタテサンキューで~すと言えれば最高ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1394-b44b7c5e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド