北海道の平均寿命を縮めるような試合(9/12VSオリックス21回戦〇)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/09/12(木)
ファイターズ 2 - 1 バファローズ    

ニッカン式スコア


試合後しばらくして思ったのですが


明日、北海道の病院は胃や心臓の不調を訴えてくる人が続出して混雑するのではないだろうか・・

いやあ本当に心臓に悪い試合でした。寿命が縮む・・・。

まず1番手は宮西。今日は悪かったですね。いきなりの連打でノーアウト2,3塁。ここで糸井をセカンドゴロに打ち取り、なんとか息をつくことができましたが今浪がなぜかセカンド真正面の痛烈なあたりにサードランナーが突っ込んでいるのに気にせず一塁に送球し、無抵抗で1点返されて1点差。今浪のこのプレーが最後までハラハラさせる遠因になりました。ホーム投げてりゃもうちょっと楽に見れたように思います。ほんのちょっとだけね^^

2番手は河野。イデホキラーとして登場しますがストレートの四球。続くバルディリスのときもシュートが甘く入りまくりスライダーも制御できない感じでしたがバルディリスはファーストフライで助けてくれます。ストライクが入らない投手に初球からスライダーに手をだし、シュートの抜け球を見逃し、最後はシュートの抜け球を打ち損じてくれる。バルディリス様は道民の健康を考えてくれたのではないのでしょうか。

次が左の原ということで増井にスイッチ。昨日の汚名挽回と行きたいところでした、が2日マタギで10球連続ボールという荒業で2アウト満塁で代打フェルナンデスの前に絶体絶命のピンチを迎えます。ここでファンは胃薬や救心を飲んだことでしょう。今日の7球目で初めてストレートでストライクをとります。1-2からの4球目、ここでフォークが外れ3-1。これは増井を苦しくします。ストライクが入らないピッチャーでボールが先行している状態では外国人でも手は出しません。これでまっすぐしか投げられなくなった増井ですが最後はアウトローのまっすぐで見逃し三振!!何とか切り抜けます。

正直判定は微妙でしたが、球審も救心を飲み始めた道民に気を使ってくれたのでしょう(そんなわけないけど)

最後は大御所・ヒサシが見事な演出で試合を締めくくります。前の投手が劇場演出した時はあっさり終わるのが普通ですがここでも劇場を開くとは鬼ですね。

まあなんだかんだで逃げ切りました。これで勝てなきゃファンは倒れてしまうようなしんどいゲームでした。


大野が昨日の約束を守り先制タイムリーで2日連続のお立ち台、ウルフもテンポは疑問でしたが7回無失点で見事なピッチング。そのウルフを助けた糸井の大飛球を超ファインプレーで救ったダイカン。いいところは随所にあったのですがそれを忘れるくらいの見事な終盤のドタバタぶりでした。

継投はなにも間違ってないんですがね。今日はことこどく選手が期待に応えたとは言い難い内容でした。

まあ3連勝。これで最下位に再開する可能性はひとまず少なくなりました。一日はさんで福岡でのゲーム。久々にあの投手が戻ってくるという話ですが、明日は比較対象にされるあの投手が大記録を継続するかじっくりとみたいですね。今日のオリックスの内容を見ると止まらないように思えますね。

最後に


球審、ありがとう!!(爆)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1461-2362e61b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド