福岡に秋風吹く(9/15VSソフトバンク21回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/09/15(日)
ファイターズ 6 - 7 ホークス    

ニッカン式スコア

「今日負けたけどあと全部勝てばまだ逆転できる!!」

「もう無理ですよ。今日のような負け方をして3位とは18試合で6.5差。もう自力ではどうにもなりませんよ。」

そんな会話がベンチで行われているような負け方。明日からはいよいよ本格的に消化試合モード突入、いえそうならないとただの浪費になってしまいます。

一時は5点リードしましたが終盤追いつかれ延長でサヨナラ負け。さすがに希望は持てません。さて明暗を分けたのは三者連続三振のあとの攻撃でした。

三振は流れを引き戻すことができる。マックが以前言っていましたが7回の宮西はまさしくそれでした。3点リードで上位3人を3者三振。これで1点でもとれば勝ち確定!!そんな流れでした。しかし追加点はとれず次の守りで1点差に追いつかれたこと、これが今日のターニングポイントでした。
河野で2アウトをとったあと、左の石井にスイッチ。その石井が四球、安打で1点を返され2点差。代打ペーニャでしたが続投。そのペーニャが石井の膝を直撃するタイムリーで1点差。やっぱり悔やむのはここなんですよね。

この回で石井を出したのはどうしても失点を1点でもやって流れを変えられたくないからだったのでしょう。それならなぜ右のペーニャで増井を出せなかったのか?そこが不思議です。でも今日ベンチに入っている投手は7人(先発大谷、明日先発中村は除く)。あとを考えるとピッチャーがいない、これで交替が一歩遅れたのでしょうか。結果的に石井が続投不可能になったので増井を使う羽目になってしまいました。

目先の1点を防ぎたいから投手をつぎ込む。あとを考えて1イニング任せる、どちらもありなんですがうちのリリーフの今日の頭数を考えると1イニング1人のほうが正解だったと思います。いくらアクシデントがあっても延長に入って投手が1人だけというのはやはり問題。なぜ先発の中村がベンチ入りしているのがうちのようなリリーフ頼みのチームとしては非常に不思議です。

8回で1点差に迫られ、そのあとの攻撃はあっさり凡退になると、三振のとれないヒサシでは流れは止められません。なんとか同点にとどめますが、あとは引き分けで終わるのを願うだけの試合になりました。

鍵谷は責められません。あの状態で投げさせることになったベンチが問題でしょう。

サヨナラ直後の11回表。森福に三者三振に抑えられ、流れを変えるどころか息の根を止められたような攻撃でした。

消化試合といってもしっかりと戦ってほしい。これからはホームが多いのでファイターズの野球を少しでも見せてほしい。その一言だけです。


石井の故障が気がかり。軸足の膝だけに重傷でなければと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1463-c43e4e2a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド