快勝の陰に恐怖の代打策(10/4VSソフトバンク23回戦〇)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/10/04(金)
ファイターズ 5 - 4 ホークス    

ニッカン式スコア


大谷の勝ち運もここまで来るとオカルトチックにも感じます。

五十嵐が大乱調で無死満塁、ツルのタイムリー、ゲッツー崩れで1点差まで迫った後、杉谷の逆転タイムリーでまさかまさかの逆転勝ち。しかも榎下にプロ初勝利まで転がり込んでくるとは。二刀流できる能力よりもこの運のほうが一番の戦力のような気がします。


榎下も転がり込んできた勝ち星ですが内容は見どころはありました。まっすぐが重く力があるから空振りもとれるしファールも押し込める今日は力で相手打線を押し込みました。制球が不安定なところが課題でありますがここで結果を出せたことが大きい。このままだと来季の今頃首筋が寒くなっていた可能性をあっただけにこの勝利をきっかけに躍進してほしいところ。僕のプッシュしていた選手だけに初勝利の瞬間ドームに立ち会えたことは嬉しいです。


杉谷もようやく仕事をしてくれました。とにかくミスが多くプレーが委縮してしまっていたふうに見られていた時期もありますが、昨季見せていた勝負強さをここで発揮してくれました。当たりはつまり気味でしたが勢いが打球を後押ししてくれたような感じでした。 ムードメーカーがチームにいないだけに杉谷が常時一軍にいてくれて活躍してくれないとベンチも明るくなりません。来季こそは一軍に常時いてほしいところです。

大谷はやっぱり一にも二にもスタミナ。投手としてのスタミナをつけないと先発ではやっていけません。今日7回投げさせたことは良かったと思います。野手と両方だからスタミナが切れるのは無理ないのですが投げるからにはそんな言い訳はできません。スタミナアップが今後の課題になりますね。


勝ってよかったで締めたいところですがどうしても納得いかないのが4回の代打中田。ウグに2死2,3塁で代打を出したわけですが何の意味があったのか?意味どころか中田を壊してもいいのか?

正直Bクラス決定しているし7割程度の回復の選手を無理して使う必要はさらさらありません。結果は敬遠気味の四球でしたがまさか敬遠をとるために出したとしても相手が100%歩かす保証はないでしょう。勝負していたらどうなるのか?バットに当たった衝撃で手首の骨が砕けることもあります(古いハナシですが原(巨人・現監督)が津田(広島)にやられましたね)

それにスタメンで出したウグは何だったのか?チャンスを与えたんじゃないのか?それなら好機にどんなバッティングをするか見極めをするべき場面だったと思います。結局はここで突き放したいから中田のバットに託したかっただけなんですよね。こんなリスクを背負ってまで行う作戦ではないです。

結局は目先の勝ちしかうちの指揮官は見えていないんですね。来季は考えないといけないかもしれないですね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1481-955dbe3b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド