終わってみればまずまずのドラフト

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/10/24(木)
ドラフトも終わり8人の指名がありました。現在リリースされたのが6人なのでまだ2人ほど退団者が出そうな気はしますがまずはこの指名を振り返ってみましょう

今回のドラフトでどうしても触れなくてはいけないのが3回のくじ引き失敗。最初に引いて全部外すというのはもはやギャグか?と思いますがチームとしてはそんなギャグはいりません。まあ運なのでどうしようもないのですが、クジ運ゼロと自分で言っていてなぜそのくじ引きに参加しているのか栗山監督の行動には疑問です。結局この人はスポット浴びたいだけなのかなと思います。

大方の予想通り松井の指名ですが正直即戦力とは感じていないのでこれは外して良かったかなと思ってます。続く柿田は獲りたかった選手です。岩貞あたりはとにかく当ててくれと祈るだけ。2分の1でしかも自分ですべて引いて外すあたりはさすがにゼロです。来季引く立場にいるならばぜひくじは断ってほしいところです。


そんな中で即戦力投手の掛け声とは裏腹に高卒内野手の渡辺を獲得。将来性のあるいい選手ですが正直迷走していないかと心配になりました。しかし、この後の指名をみると盛り返してくれたので思ったより悪くない結果になったのかと思います。

ただし投手4人がすべて即戦力候補。高卒は1人くらい指名してほしかったところです。というのは22歳以下の投手が大谷と上沢だけ。上沢には後輩が入団することで刺激を与えて成長を促進してほしかったと思います。


それでは指名選手をみていきます。

1位:渡辺諒(東海大甲府・内野手 右右)

チーム状況を考えると意外でしたがいい選手であることは違いありません。2年前のドラフトの目玉で若手のホープである中日・高橋周平をさしおいて1年で4番を打ったことのある逸材。俊足で長打力ありといわゆるアスリートタイプの選手。実はこのポジションは同年齢が非常に多いので指名には少々疑問ではあります。でも激しい競争意識でレベルアップをしてくれればと思います。でも今ファームにいる選手よりは器が大きいような気はします。


2位:浦野博司(セガサミー・投手 右右)

ここで今欲しい即戦力投手の指名。外れ1位候補で名前が挙がっていたので残っていたのはラッキーでした。リリーフもできるし先発もできる投手。なかなか気持ちが強い選手であるところが今後の楽しみ。リリーフ要員ではなく先発候補として期待したいところ、いや彼が入らないと今のメンツでは来季も厳しいでしょう。

3位:岡大海(明大・内野手 右右)

 大学レベルで二刀流やっていましたが今は野手一本。俊足強肩でなぜかファーストですが外野として育成するような気がします。高校時代からバッティングは評価されていましたし本人の目標は糸井。目標すべきところがキャラでないことを祈りますが、慣れる素質はありそうな選手のようです。野手経験が少ないので数年後の一軍になりそうです。


4位:高梨裕稔(山梨学院大:投手 右右)

 大学からは箱根駅伝を想像しますが監督は元ファイターズの高橋一三氏。フォークが武器ということを考えると目標にする選手として木佐貫がいるのでいい環境と思います。体格もしっかりしているので早く出てきてくれればと思います。即戦力としてではなく夏ごろに一軍に出てくれば上出来かもしれませんね。


5位:金平将至(東海理化・投手 左左)

左の変則サイドということは宮西のFA対策も考えての指名でしょう。来季でも宮西、石井につぐ左腕がいないので彼が一軍リリーフ陣に食い込んでもらいたいと球団は期待しているでしょう。制球がアバウトなだけにそこが心配ですが宮西もそんなタイプですので彼の後釜にはもってこいの選手でしょう。


6位:白村明弘(慶大:投手 右左)

高校時代から注目を浴びていた選手ですが正直この順位で残っているのは意外でした。大学時代チームの規律を乱し謹慎になっていたことが影響したのでしょうか。スピードはあるがまだまだ潜在能力は発揮されていない感じ。高校時代からスピードはとにかくありましたのでうまく伸びてくれればと思います。まずはプロとしてのハートを磨くところからなのかもしれません。

7位:岸里亮佑(花巻東・外野手 右左)

甲子園ベスト4のエース。といってもほとんど投げていないので野手としての評価でしょう。報道で三刀流と報じられたのが印象にある選手です。まだまだ体ができていないので体つくりからになりそうですが俊足強肩、長打と彼もアスリートタイプの選手のようです。と書きましたが先輩同様二刀流だったりして。


8位:石川亮(帝京・捕手 右右)

最後に高卒捕手。ツルのFA流出、近藤のライバルということでほしかったところです。強肩強打が武器で1年生で帝京のレギュラーを張った選手。楽しみでありますが心配なのは年を追うことに評価が下がっていたこと。早熟の疑いがありますがまずはファームで荒張、大嶋と争い出番を多く得ることからでしょうか。


さて以上8人ですが気になるのが投打共に高いレベルの選手、アスリートタイプの選手が多いこと。バランスの取れた選手を好んだ指名でしたが一人くらい長打が抜けているようなタイプの選手を獲っても良かったと思います。個人的には常総学院・内田を指名してほしかったところですね。

ますは入団してくれることを祈ります。今年はドラフトネタとしては平穏で済んでそれはそれでよかったと思います。毎年物議醸しているのも、ちょっとファンとしては疲れます。(^^;)



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1498-d1591f8b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド