田中将大伝説のフィナーレ(日本シリーズ第7戦)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2013/11/03(日)
イーグルス 3 - 0 ジャイアンツ    

ニッカン式スコア

7年前札幌ドームで見たことがあるような、いやそれを超えるような感動的な光景。

それはシリーズのクライマックス、9回表前日160球を投げた絶対的エース田中将大がマウンドに上がるとき、Kスタのムードは最高潮になりました。

FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」の大合唱。あれほどの球場の一体感は見たことがなくそれはそれは素晴らしい光景でした
確かに連投は無茶だけど監督の無理強いでなく本人の意思。それを止める権利は誰にもありませんでした。昨日のリベンジを今年中に、自分で日本一を勝ち取るという強い意志があってのことでしょう。

2本打たれても心配してませんでした。あのスタジアムの雰囲気で巨人が3点以上取れるとは思えませんでした。矢野のバットが空を切った時田中将大の伝説が日本一という形でフィナーレを迎えました。


 試合を冷静に振り返ると初回の攻防で明暗が分かれました。エラー、四死球でノーヒットで満塁のチャンスをつかみながら先制できなかった巨人、2アウトから四球で作ったチャンスをエラーがらみで先制できた楽天。坂本のエラーが、というかもしれませんが今日の杉内では捕まるのは時間の問題でしたスライダーが曲がらないところを打たれ、まっすぐが浮いたところを狙われ外野の頭を越させる。2試合先発で4イニング投げられない人がいればやはり試合を作れません。


澤村、内海と執念の継投を見せましたが牧田のソロで完全に楽天の試合になりました。

美馬は逆球も多かったのですが追いかける立場の巨人が徐々に焦りが出始め、打ち損じ、終わってみれば6回無失点。抜群の出来ではないと思いますがそれでも好投できたのはCSから一貫して低めへの意識。とにかくゴロを打たせようという意識が強く大やけどを負うことはありませんでした。

則本もフル回転、これだけ特定の投手がフル回転するシリーズは最近稀ではないのでしょうか。まあこうでもしないと救援陣が心もとないだけに勝てないと監督が判断したのでしょう。

力的に巨人が上でしたが田中、則本、美馬の頑張り。そして最後まで阿部を眠らせたことが楽天の勝因だったと思います

北海道も今年の楽天のような盛り上がりをもう一度してみたい。ただ勝つだけでなく魅力のあるチームをフロントに作ってほしいです。バランスシート見てるだけでは魅力あるチームはできませんよ。


最後になりましたが


楽天イーグルス 日本一おめでとうございます!!本当に感動をありがとうございました!!


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1509-9f2fca7a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド