遠慮気味のスローガン

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/01/24(金)
さあ今年もスローガン決まりましたよ。さあ突っ込むぞ!!(笑)

2014年チームスローガンは「前進せよ-トゥミコロクル-」

北海道日本ハムファイターズ2014年シーズンのチームスローガンが本日1月24日(金)、以下に決定いたしましたのでお知らせします。

アイヌ語フレーズ「トゥミコロクル」について

「トゥミコロ(tumikor)」は戦(いくさ)をする、戦うを、「クル(kur)」は人、男を意味し、つなげると「戦士」「闘士」を表す言葉になります。ペナントレースの1試合、突き詰めれば1打席、1プレー、1球がシーズンの行方を大きく左右するもの。あらゆる瞬間に全力を尽くし、勇猛果敢に戦いに挑むことがファイターズという名のごとく、このチームには求められます。
アイヌ語は地名や食べ物、生き物の名前など、北海道に暮らす人々の周りにごく自然な形で息づいています。2014年はファイターズが新たな10年に一歩を記す大切なシーズン。“原点”に立ち返って前進していく姿勢を示しています。



まあ言いたいことはわかるんですが、前進と言ってもどこへ?と言いたくなるんですよね。今の立場で言えば5位でも前進と言えますし(汗)

このスローガンにありますが「胸を張って前に進んで言えるのか?」とありますが戦うほうがそれを言うのがちょっと違和感。ファンが試合を見てそのようなことをいうのは自然なんですが自分たちで言ってしまうとなにか他人事のように聞こえてしまうんですよね。

アイヌ語を使用するということで地元密着をアピールしたいのでしょうがそれならむしろ主題と副題を逆にしたほうがよかったんじゃないかなと思います。主題はまずインパクト、副題で説明する、そのほうがスローガンとしてはいいのではないかと思います。副題にアイヌ語を使用してもちょっとインパクトが薄く、知らない人が見たら何?で終わってしまうような気もします。

アイヌ語で前進という言葉を主題にして副題で「前進」という言葉で補足する、そんな形がより綺麗だったんじゃないかと思います。

まあ言いたいことはわかります。昨季ファンが感じたことをフレーズとして表現してくれたことは評価します。

でも戦えるのか?ではなくて

戦え!!

くらいで煽ってもいいと思います。やるかやられるかまで書いてるのだから。


遠慮気味なスローガンなのでこちらとしても戦えるのか?と疑問を感じながらシーズンを迎えることになりそうです。(汗)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1540-4ff4309d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド