カギを握る二人の投手

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/02/08(土)
キャンプも第一クールが終わりまして、斎藤と大谷が紅白戦で投げ合うとか。こんなタイミングで何なんですがチームにとって今年のカギを握る投手を挙げてみたいと思います

まずはマサル。当然なんですが、彼の場合は契約更改の席で言われたそうですが期待しているという選手でなく計算している選手。昨季の最下位の原因は計算していた彼が計算通りどおりにやれなかったことも一つの原因でしょう。

開幕戦の故障が尾を引き、本来の打者を自分のペースに引きづり込む投球がほとんどみられませんでした。今年の彼に期待することはまずは1年間ローテを守ること、そして二けた勝利、その2つを成し遂げてくれないとチームの上昇は難しいでしょう。ベンチもその計算はしていますからね。


もう一人は吉川。彼の場合は今年だけでなく、数年後の投手陣のカギを握る存在。マサルも年齢を考えるとそろそろですから吉川にはマサルからエースの座を完全に奪い去るくらい出なければいけないと思います。昨季は監督から戦犯呼ばわりされましたが、正直実績1年の選手ですからその翌年と考えれば規定投球回数突破したことで合格点は無理でも及第点はぎりぎりあげられるところ。彼の立ち位置はエースになるポテンシャルはあるがまだ計算できるところまでは至ってないというところでしょう。

彼の期待値としてはマサルにあげた数字はノルマでマサルの数字を上回ることを期待したい。12年の成績までとはいかなくてもリーグ有数の成績を上げてほしいところです。それができる選手ということはみんなわかったわけですからあとは高い水準でその成績を毎年上げる存在になってくれること、そこを期待したいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1544-a8925962
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド