偶然のトリックプレー?が試合を動かす(5/17VSロッテ8回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/05/17(土)
ファイターズ 2 - 1 マリーンズ    

ニッカン式スコア

我慢比べ、お互いにチャンスをつくりながら1点が取れない、辛抱の連続というかあと1本が出なかったというべきか表現が難しい試合でしたが大野の人生初のサヨナラHRで4時間ゲームにピリオドを打ちました。

ファイターズ側からみるとまあ動きませんでした。8回まで先頭打者を6度出しながら得点したのが2回の大引のタイムリーでとった1点だけ。追いつかれると膠着状態から動き出すことができなかったです。

ランナーを出すと判を押したように送りあと一本が出ない。三本間がこんなに遠いのかという試合でした。動けたのが6回の攻撃だったんですが相手が藤岡から右の内に替えたときの杉谷のところ。速球派の内に左では非力の杉谷ですからここでサトケン、西川を残していたのにそのままここで勝負をかけてもよかったと思います

相手は得意の機動力で揺さぶってきますが勝負処で踏ん張り決勝点を許さず。正直引き分けで御の字かなと思いました。動けないウチ、動くが攻めきれないロッテ、この構図が崩れたのがひとつのプレーからでした。

それがうちのミスが災い転じて福となるわけだから勝負事はわかりません。サードゴロを近藤が後逸、それをみたランナーが一気に本塁を狙いましたがショートの大引がカバーしすかさず本塁へ送球、ランダンプレーのあとアウトにしたあのプレー。今思えばあれでうちに流れが来ていたのかもしれません

近藤のプレーはミス。しかし大引の好判断でミスをカバーするどころか結果的に相手を欺くトリックプレーみたいになったわけですからまあ勝負は怖いなというところでしょうか。相手もあれは走塁ミスではないですし、なにがなんだかわからないプレーだったでしょうね。

勝因としては結果的に勝ちにいかず負けない戦いをしたことでしょうか。負けない戦いをやりきったご褒美に勝利がついてきたというような感じの試合です。

大野としては今日3回中1回盗塁を刺し、その1回が延長10回の三振ゲッツー、そしてHRですから彼の武器の強肩と意外性の長打がこの試合の決めてになりました。。まあ勝負処で一度でも打ってくれればという思いはあるのですが、最後の最後に決めてくれたのでOKです。

明日はリーグ戦ひとまずの区切り。貯金を持って交流戦に進めますが明日も勝ってロッテ戦の借金を返していきたいところ。大谷がインコース攻めで打撃が下降線になっているのが気がかりですが今日のように苦しい試合でも辛抱すればなんとかしてくれそう。石川相手ですので苦戦必至でしょうがメンドーサには早起きしてがんばってもらいましょう。(笑)

ハム・メンドーサ遅刻 ナイターと勘違い(日刊スポーツ)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1605-11f4953b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド