犠打と矛盾(5/26VS巨人2回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/05/26(月)
ファイターズ 3  - 4 ジャイアンツ    

ニッカン式スコア

勝てた試合を落としたかなあと印象は持ちますね。相手の作戦ミスがあったのですが大事な場面でそのミスを学習できず繰り返してしまったところが敗因になりました。

ということでまずは相手のミスを振り返ります。7回裏無死2塁で長野に送りバントをさせますがスリーバント失敗。ここで得点はとれず均衡は続きうちとしては大助かりという場面。送る作戦は間違いではないのですがバントさせる選手がまずかった。いくら不振の長野でも打たせたほうが嫌だったし、どうしても送りたいならピンチバンターを送ればよかったと思います。はい、この言葉暗記しておきましょう。また使いますよ(笑)

そして9回のうちのチャンス、無死1塁で近藤、左の山口ですがそのまま打たせ送りバントをさせますがスリーバント失敗。
ここで得点はとれず均衡は続き相手としては大助かりという場面。送る作戦は間違いではないのですがバントさせる選手がまずかった。いくら左同士になる近藤でも打たせたほうが嫌だったし、どうしても送りたいならピンチバンターを送ればよかったと思います。はい、ものの、見事にコピペしています。(笑)

そしてその裏。内野安打で出た鈴木が盗塁、そしてまた長野の打順ですがここはさすがにピンチバスター松本に交代、しっかり送られ最後はサヨナラタイムリーにつながってしまいました。

確かに送れなかった近藤はまずいと思います。でも作戦として最善を尽くしたかといえばそうでないはず。新垣を1度のピンチでも我慢できず替え、勝ちパターンの投手をつぎこんでいて最終回で絶対に送りたいところで近藤より確実に送ることができたバッターがいたのに、あの場面で近藤に打たせたほうがまだ確実が高いのに最後まで送りバントに固執してしまった。良心的に考えると近藤の経験を上げる為と解釈はできますが投手起用を見ると絶対に勝ちたい試合という継投ですからやっぱり矛盾してしまっているんですよね

それより相手の失敗をみて何も感じなかったのかなあと感じてしまう采配になってしまったのが残念。あと送れなかったから盗塁で進めるという作戦、これもみ~んなお見通しですから考えましょう。

新垣もあの交代では一軍での見極めの判断になったのでしょうか?これでは谷元先発でもいいんじゃない?と感じました。やっぱり5回は預ける気持ちでマウンドに上げないと先発投手は育たないでしょう。失点した3回は確かにおかしくなったけどまだ頑張らせるチャンスは上げてもよかったんじゃないかと思います。

ダイカンの奮闘が試合を最後までもつれさせたといっていいでしょう。3安打2打点に数度の好守。おまけに飛び出しをサードスチールに替える走塁。すごい選手なんですがどんどん理解できなくなりました。確実に計算できる選手は重宝されますが彼のような何をしでかすかわからない野性の選手がいるととんでもない力をチームに与えてくれるものだと感じました。まあ主力なんだからもう少し常識にかかってほしいとは思うんですが。

ちょっと雲行き怪しくなりましたが次のカードが大事。ここでしっかり取り替えしすれば大丈夫でしょう。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1610-0c4d5498
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド