負け試合を吹っ飛ばした2発(5/31VS阪神1回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/05/31(土)
ファイターズ 3× - 1 タイガース    

ニッカン式スコア


試合の前半と後半で大きく変わった試合、その試合を2本のHRでひっくり返してくれました。

5回まではメンドーサ、能見の投手戦。その試合が動いたのは6回のメンドーサが先頭の投手能見に与えた四球からでした。 メンドーサは先頭打者の四球が失点の合図のようになっていますが今日も例にもれず。先頭打者しかも打撃に期待できない投手を歩かせれば失点につながりますね。メンドーサは無援護と言われますがやはりこういうところが勝ち星につながらないのかなと思います。守ってるほうもリズムが悪くなるから今日の試合のような好投したけど勝てないよねえという結果になるような気がします。それでも最少失点に抑えるところがまだいいのですが。

そんな形で先制を許し、能見も好調。1点が重いと思ったところ、その空気を打ち破ったのが大谷でした。確かに甘い球でしたが試合の雰囲気を一気に変える一発。これで得点ともども互角に持ち込みました。

リードを許したところでメンドーサに代打を送っているため、こっちは早めの継投で9回に増井登場。新井への投球にきわどいボールをボールとみられ歩かせる嫌な感じがありますが後続を抑えます。そして9回、阪神は能見に代打を送っているので継投に持ち込みます。そこで阪神の課題の中継ぎの弱さが浮き彫りになります。

安藤は経験はありますが往年の球威はありません。中田を警戒し歩かせるとミランダにはボール先行。ここでもきわどいボールをボールに判定される投手泣かせのジャッジ安藤はストライクをとりにいきミランダはそれを逃しませんでした

ミランダは5月になって好調。インコースに弱点をもっていますが最近は外のボールを逃さずに打っている印象。苦手コースを徹底的に攻められ、意識過剰になって打てるボールも打てなくなるのは通用しない外国人打者の典型ですがミランダはどうやらその負のスパイラルにははまらなかったようです。

明日は上沢。最近登板間隔がまちまち、しかも空き気味なのが疲労がたまってきているのかと気がかりですが久々にらしさを見せてほしいところです。しかし負け試合を勝てて貯金生活に戻せたことは大きい試合だったんじゃないでしょうか。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1613-a1c9b8d9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド