強気の強攻策と谷元の好リリーフ(6/3VSカープ1回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/06/03(火)
ファイターズ 10 - 2 カープ    

ニッカン式スコア

終わってみれば大勝ゲーム。試合の決め手は3回の攻撃と4回の守り、それに尽きますね。

先頭の近藤が出て打者市川、次が投手だけに2点ビハインドの場面で型通りのバントとはいかない場面、ここで打ちは動きます。ヒットエンドラン、見事に決まり無死1,3塁。うちの監督がよくなる手でありますが見事に決まりました。そのあとは中村でここは1塁ランナーを送るバントと思いきや前進守備をあざ笑う強攻で内野安打でタイムリーで1点を返します。いやあこの下位打線、しかも投手つきで1点取ってなおノーアウトの場面で上位に回したのだから本当に大きいタイムリーでした。普通ならお立ち台ものなんだけどねえ・・・。しかしゲッツーになることを恐れずに打たせるとはうちの監督はたまに超強気になるんですよね。

そのあとダイカンのタイムリーで追いつき、中田が久々のスタンドイン。これで試合の流れを一気に引き寄せます。やっぱり主砲の一発は試合を変えます

ところがそのままスムーズにいかないのが今日の中村。長い間ランナーでいたせいなのか四球連発、その後ヒットを打たれKO。この内容なら替えられても仕方ないでしょうね。このまま続投だったら泥試合の可能性はありました。

その泥試合になるのを防いだのが新婚・谷元。この無死満塁の大ピンチをなんと無失点で切り抜けます。幸せな男にはこんなピンチは大したことではないのかと思うくらい見事なリリーフぶり。これで試合を完全にうちペースに持ち込みました

中田も一発で気をよくしたのかそのあとも2点タイムリーで計5打点、市川も4安打と大当たり。リリーフ陣もしっかりと押さえた快心の試合でした。

この試合で思ったことがパリーグのチームにとって投手が打席にたつというのはかなり負担が多いということ。打つことで一苦労なのに塁に出てそのあとマウンドに立つというルーチンがないだけに中村には少し気の毒なKOではありました。でも投手に打たれてはいけません。もっとも打った篠田もその後5失点でこちらはセリーグなのになぜ?という思いは残りました。

さあ明日は大谷VSマエケン。投球も楽しみですが打撃も楽しみな両者の対戦。大谷は前回打席に立ってばててKOされていますので準備はしっかりとむかってほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1616-1d52d342
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド