決めたのは稲葉、流れを作ったのは3回の逆襲(8/14VSロッテ17回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/08/14(木)
ファイターズ 11 - 7 マリーンズ    

ニッカン式スコア

斎藤がKOされても谷元のアクシデントがあってもどういうわけかなんとかなるんじゃないかと感じていたのですが見事な逆転勝利でした。

そう楽観的に感じていた理由は相手の唐川の出来が悪く点を失った直後でもすぐ点を返すことができたから。今日は稲葉の2ランがどうしても注目されますが3回に4点ビハインドからダイカンのタイムリー、そして稲葉の三振でチャンスがしぼみかけた直後の小谷野のタイムリー、それが大きかったと思います

もちろんプロ初勝利の河野も制球に苦しむ場面がありましたがなんとかスクランブル登板でしたが無失点で切り抜けました。正直これで流れが来ないはずはなく、きっちりと稲葉が決めるという最高の試合の流れの持っていきかたをしました。

速球に弱くなった稲葉ですが唐川のスピードなら苦になりませんし、抜けたまっすぐなら稲葉ならとらえてくれます。まだまだやっぱり稲葉100人乗っても大丈夫!!といったところですね(←それは物置)

斎藤は悪い時には悪いなりのピッチングが全くできません。昨日の浦野の対照的にボールが高め高めに浮き狙われるとどうすることもできません。やっぱり一軍ローテではその点のスキル不足が出てしまった試合でした。

チームの調子が上がったということより対戦相手の状況でもらえた3タテという印象です。パリーグの中間管理職の地位を確立するためにも次の西武も下位なので部下いじめといきたいところですね。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1671-900ecf63
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド