大野の読み勝ちでまず先勝!!

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/10/11(土)
CS始まりました。平日は仕事の関係で見ることができないので観戦できた試合だけでもレビュー再開していきます。

今日は大谷の大乱調でどうなることかと思いましたが勝ってしまいました。序盤は確かに相手ペースでしたがいつの間にやらうちのペースで最後に増井が投げているというそんなゲーム。流れの節目はどこだろう?と試合後に考えていても明らかな境目がない不思議な試合でした。

そんななかかで2つのポイントを。まずは2回の相手の攻撃。大谷がアップアップで2押しだしで2点を戦せうぃされた後の糸井のところで追加点を取られなかったところ。あそこで追加点をとられていたらそこでこの試合、いやこのシリーズがジエンドになりかねないほどの場面だったと思います。大谷はまだまだ前任には程遠いですがうちのエース。それがああいう崩れ方でKOとなるとうちとしては流れを戻すことは難しい。それを2点というところで試合になっているところで止まったのが大きいです。糸井が今日おとなしかったのが助かりました。昨年からのこのカードのテーマが糸井を働かすな!でしたから今日はそれができたところでぐっと勝利に近づけました。

さて攻撃面では地味な場面ですが大野のタイムリーを上げます。ここは大野VS伊藤の読みあいになったのですがまっすぐの甘い球を無反応で見逃す大野、BS解説の梨田さんも首をかしげるほどのあっさりとした見逃し方。大野の待ちは変化球、ならばもういっちょまっすぐや!と続けてまっすぐを要求する伊藤。そこを「ひっかりやがった、イシシ」と言わんばかりの狙い撃ちで待望の初得点となりました。

試合で見ていたときはただの反撃の一打と感じていたんですが実は相手にとってかなり嫌な取られ方です。先頭の近藤をヒットで出塁し、ボテゴロ、進塁打で3塁まで進めリードを読んでのタイムリー。この回ってそれほどチャンスのにおいがしないところでしたがうまく1点を返せたという印象。特殊な試合で1点差に迫られたところで金子に動揺を与えたのかなと思います。

其の後も相手自慢のリリーフ陣から着実に加点し快勝。ダイカン以外は自分たちの仕事をしっかりできたいい試合でした。トップから4番まで固定できていることで戦い方も安定してきていますし、自分の役割が各々で認識できている印象です。
オリックスも大谷対策でバント、カットと対策をチーム全体でやってきましたが主導権を握られてからはバラバラになった印象。これなら勝負になるなという印象。

明日は苦手のディクソン。勢いをもってぶつかっていけば突破できると思います。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1677-222180df
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド