相手を生き返らせた西川のバント見送り

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2014/10/13(月)
簡単にはいきません。稲葉のタイムリーで勝ったと思いましたがそれを上回るT-岡田の逆転3ラン。これで相手が優位に最終戦を迎えることになりました。

前の試合そのままにファイターズが優位に進める序盤。ディクソンの低めのナックルカーブを捨て高めを狙う攻撃が功を奏し2点を先制、上沢も完璧な内容でとあれば相手に試合をさせないで終わらせられると思ったのですが。

しかし隙を見せてしまい相手を生き返らせたプレーがあったのが悔やまれるところ市川の走塁死でした。これは市川でなくバントを直前で見逃した西川がいけません。バットに当たる直前でバットを引いては二塁ランナーはどうすることもできません。

二塁でのバントは一塁の時のランナーのスタートが違います。一塁でのバントはバットに当たったことを確認してからスタートしても普通のバントならセーフなのですが2塁でのバントは距離が短いのでそうはいかず、バットに当たるそのタイミングでスタートを切らないといけません。しかも正面のため遠近がつきにくくバットに当たったのかどうかという判断が難しい。だから西川はあそこまでバントの構えをしていたらせめて当てないといけないんですよね。これで相手にやれると感じさせたのが大きかったですね。

稲葉のタイムリーはさすがですね。馬原がフォーク中心でバッター有利のカウントになったところまっすぐが投げにくいのを見越して再度投げたフォークを狙い打ち。先週引退セレモニーやった選手とは思えないバッティングです。僕は稲葉が速い球についていけないのでまっすぐで押された方が嫌と感じていたのですがバッテリーもまっすぐで押しづらい場面だったのでしょう。あれで流れが来たと思ったのですがそれで変わらないというのがアウェイということなんですね。

ヘルマンの同点タイムリーの入り方など不満点もありますが正直割り切れる敗戦。勝たないと次がない今日の試合ですが流れを断ち切るプレーだけはしないでほしい。2戦まででは流れが行ったり来たりしているシリーズですので相手ペースに持ち込まれるのだけは避けたいところ。グッドゲームを期待しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1678-dcadfc9d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド